四国銀行がタブレットで紙ベースの窓口業務をデジタル化 顧客満足度の向上図るNEWS

四国銀行はタブレットを活用し、行員が来店者と一緒に画面を見ながら申請手続きを進めることができるシステムを導入した。来店者が紙の申請書を記入する手間を減らし、業務効率と顧客満足度の向上を目指す狙い。

2021年04月13日 13時00分 公開
[ゼンフ ミシャTechTargetジャパン]

関連キーワード

業務改善 | 事例 | コミュニケーション


 四国銀行は日本ユニシスの「SmileBranch」を導入した。これは銀行の営業窓口でタブレットを活用し、各種申し込みに必要な書類の記入をデジタル化するシステム。行員が来店者の用件を聞き、対話しながら同じ画面を見て手続きを進められるのが特徴だ。来店客にとっては伝票記入が不要になり、申請の手間が省ける。行員にとっては申請処理のデジタル化によって事務作業ミスを防止するとともに、来店者との対話機会を増やしてサービス品質の向上につなげられるメリットがある。

システムで照会や登録を実行、検証を自動化

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。