2021年02月26日 05時00分 公開
特集/連載

仕事ならiPadよりWindows 10? もう“大きなスマホ”ではないタブレットの用途「仕事がはかどるタブレット」の条件【前編】

タブレットは今や百花繚乱(りょうらん)の様相だ。機能も用途も多岐にわたる。タブレットのビジネス用途にはどのようなものがあるのか。どのようなタブレットがビジネスに適するのか。

[Dan Jones,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC | タブレット


 近年のタブレットは機能が充実し、企業でも広く利用されるようになってきた。新しいモデルは急速な進化を遂げ、押さえておくべき情報が続々と登場している。

 ビジネスで活用する機会が拡大したことも相まって、タブレットには「さまざまな状況で幅広い用途に使用できる能力」が求められるようになった。それは「iPadOS」を搭載した「iPad」や「Windows」タブレットなど、あらゆるタブレットに当てはまる。

 商談の場で図表を表示したり、メールやビデオチャットを使ったコミュニケーションをしたりと、タブレットは可搬性を必要とするビジネスタスクに有用だ。移動が多い従業員にとって、タブレットはなくてはならない仕事道具になっている。

仕事で使えるタブレットは?

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...