2021年02月26日 05時00分 公開
特集/連載

仕事ならiPadよりWindows 10? もう“大きなスマホ”ではないタブレットの用途「仕事がはかどるタブレット」の条件【前編】

タブレットは今や百花繚乱(りょうらん)の様相だ。機能も用途も多岐にわたる。タブレットのビジネス用途にはどのようなものがあるのか。どのようなタブレットがビジネスに適するのか。

[Dan Jones,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC | タブレット


 近年のタブレットは機能が充実し、企業でも広く利用されるようになってきた。新しいモデルは急速な進化を遂げ、押さえておくべき情報が続々と登場している。

 ビジネスで活用する機会が拡大したことも相まって、タブレットには「さまざまな状況で幅広い用途に使用できる能力」が求められるようになった。それは「iPadOS」を搭載した「iPad」や「Windows」タブレットなど、あらゆるタブレットに当てはまる。

 商談の場で図表を表示したり、メールやビデオチャットを使ったコミュニケーションをしたりと、タブレットは可搬性を必要とするビジネスタスクに有用だ。移動が多い従業員にとって、タブレットはなくてはならない仕事道具になっている。

仕事で使えるタブレットは?

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。