2020年02月15日 08時30分 公開
特集/連載

「Windows 10X」に期待?画面が折り曲がるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」は実用的なのか?

Lenovoが「CES 2020」で、ディスプレイを折り畳めるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」を正式発表した。併せて登場した「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」の新モデルとともに、その実力を評価する。

[Jamison Cush, Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC | タブレット


 Lenovoは2020年1月に開催された電化製品の展示会「CES 2020」で、「世界初のフォルダブルPC」と銘打つ「Lenovo ThinkPad X1 Fold」(写真1)を発表した。フォルダブルPCは、折り曲げられるディスプレイを持つPCのことだ。ThinkPad X1 Foldがディスプレイを折り曲げられる「Windows 10」搭載デバイスであることは確かに重要だが、それよりも注目すべきことがある。ディスプレイを折れ曲げられる上に堅牢(ろう)であり、「ThinkPad」のブランディングに合っていることだ。

 ThinkPad X1 Foldが搭載する有機EL(OLED)ディスプレイは、解像度が2048×1536ピクセル、アスペクト比が4:3、サイズが13.3型。フォームファクター(形状や大きさ)はタブレットに分類できる。

 LenovoによるとThinkPad X1 Foldは、Windows 10の小規模組織向けエディション「Windows 10 Pro」で動作する。本稿執筆時点でプロセッサは「Intel Core processor with Intel Hybrid Technology」(開発コードネーム「Lakefield」)を搭載することしか分からない。モバイルデバイス向けDRAM規格「LPDDR4X」に準拠したメインメモリは8GB、ストレージはPCIe(PCI Express)接続とNVMe(Non-Volatile Memory Express)接続のフラッシュストレージで、最大1TBだ。

 インタフェースは、USB Type-Cポートを2基(充電とディスプレイ用)とSIMカードスロットを備える。通信機能は、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」を基にした「Wi-Fi 6」と「Bluetooth 5.0」に準拠する。

画像 写真1 CES 2020でLenovoが発表したフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」《クリックで拡大》

フォルダブルPCに実用性はあるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...