2020年02月15日 08時30分 公開
特集/連載

画面が折り曲がるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」は実用的なのか?「Windows 10X」に期待?

Lenovoが「CES 2020」で、ディスプレイを折り畳めるフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」を正式発表した。併せて登場した「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」の新モデルとともに、その実力を評価する。

[Jamison Cush, Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC | タブレット


 Lenovoは2020年1月に開催された電化製品の展示会「CES 2020」で、「世界初のフォルダブルPC」と銘打つ「Lenovo ThinkPad X1 Fold」(写真1)を発表した。フォルダブルPCは、折り曲げられるディスプレイを持つPCのことだ。ThinkPad X1 Foldがディスプレイを折り曲げられる「Windows 10」搭載デバイスであることは確かに重要だが、それよりも注目すべきことがある。ディスプレイを折れ曲げられる上に堅牢(ろう)であり、「ThinkPad」のブランディングに合っていることだ。

 ThinkPad X1 Foldが搭載する有機EL(OLED)ディスプレイは、解像度が2048×1536ピクセル、アスペクト比が4:3、サイズが13.3型。フォームファクター(形状や大きさ)はタブレットに分類できる。

 LenovoによるとThinkPad X1 Foldは、Windows 10の小規模組織向けエディション「Windows 10 Pro」で動作する。本稿執筆時点でプロセッサは「Intel Core processor with Intel Hybrid Technology」(開発コードネーム「Lakefield」)を搭載することしか分からない。モバイルデバイス向けDRAM規格「LPDDR4X」に準拠したメインメモリは8GB、ストレージはPCIe(PCI Express)接続とNVMe(Non-Volatile Memory Express)接続のフラッシュストレージで、最大1TBだ。

 インタフェースは、USB Type-Cポートを2基(充電とディスプレイ用)とSIMカードスロットを備える。通信機能は、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」を基にした「Wi-Fi 6」と「Bluetooth 5.0」に準拠する。

画像 写真1 CES 2020でLenovoが発表したフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」《クリックで拡大》

フォルダブルPCに実用性はあるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?
世界の音楽シーンに旋風を巻き起こすK-POP。その他の国・地域の音楽市場はどうなっている?

news153.jpg

「誰得営業」の実態とは?――ネオマーケティングとBaseconnect調査
営業活動で嫌な思いをしたことのある営業担当者は8割超。営業を受けて「良かった」と答え...

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...