2021年02月26日 05時00分 公開
特集/連載

DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】

テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。

[Isaac Sacolick,TechTarget]

 デジタル時代に適応するためにビジネスや企業風土を変革する「DX」(デジタルトランスフォーメーション)の実現を目指す企業は2021年も、前編「ITリーダーは『コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ』にどう応えればよいのか?」、中編「ITリーダーは『DX推進に必要なIT人材がいない』問題をどう解決すればよいのか?」に示すような課題に取り組む必要がある。ただし新しい技術を取り入れてDXを推進しようとしても、人や組織にITを使いこなす文化が定着していないことには始まらない。レガシーな組織構造がDXの足かせになることもある。

 データドリブンな企業文化の醸成には時間がかかる。長期的な取り組みを、どのように始めるべきか。

課題3.DXを妨げる“古いリーダー像”からの脱却

 マーケティング部門は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって変化した時代の顧客ニーズを見直す必要に迫られた。2021年にはIT部門も実装戦略を練り直し、テレワークとコラボレーションを拡大できるようにする必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。