2021年02月12日 05時00分 公開
特集/連載

ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】

テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。

[Isaac Sacolick,TechTarget]

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)によって、顧客と市場のニーズが大きく変化した。前編「ITリーダーは『コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ』にどう応えればよいのか?」の通り、デジタル時代に適応するためにビジネスや企業風土を変革する「DX」(デジタルトランスフォーメーション)の実現を目指す企業は、まず顧客ニーズの変化を捉える必要がある。

 新しい技術分野を取り入れてDXを推進する上では、新しい技術分野に適応できるIT人材が不可欠だ。ただしIT人材不足は世界的に共通の課題でもある。どのように解決すべきか。

課題2.ニーズに応えられるIT人材の不足

 世の中のCEO(最高経営責任者)は、飛行機の中で注目の技術に関する資料を読んだり、他社がいかにして独自のデータや技術の開発に成功したかという報告を読んだりするような人物ばかりではない。ただし、ほとんどのCEOは技術の重要性を認識している。CEOはこれまで以上に、CIO(最高情報責任者)をはじめとするITリーダーに「強力かつ安全でスケーラブルな技術」を提供してほしいと期待している。

 問題は、そのような技術の提供に必要なITスキルが企業にあるかどうかだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...