2020年11月07日 05時00分 公開
特集/連載

「ThinkPad X1 Fold」は何がすごいのか? 9.6型×2画面の13.3型フォルダブル2-in-1ノートPCやタブレットの代替を狙う

Lenovoは画面を折りたためるフォルダブル端末「ThinkPad X1 Fold」の販売を開始した。同社はノートPCとタブレットの特徴を兼ね備えた2-in-1端末としての特徴を強調している。主要な特徴を確認しよう。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC | タブレット


 Lenovoは2020年9月末にフォルダブル(折りたたみ可能な)端末「ThinkPad X1 Fold」の受注を開始した(日本での受注開始は2020年10月13日)。ThinkPad X1 Foldは従来のノートPCの進化形だ。「Windows 10」を搭載し、ディスプレイには折りたためる有機ELディスプレイ(OLED)を採用している。ディスプレイをフルフラットに開くとタブレットのように見え、折り曲げた状態では小型のノートPCに似ている。ThinkPad X1 FoldはノートPCとタブレットの長所を兼ね備えているため、2つを使い分ける必要がなくなると同社は強調する。

 ノートPCとタブレットの特徴を兼ね備えた「2-in-1」端末が市場に出回っている。ThinkPad X1 Foldはその一つだ。スマートフォンとタブレットの2つを1台で代替する端末もあるが、LenovoはThinkPad X1 FoldでノートPCとタブレットの代替を狙う。この観点ではMicrosoftの2-in-1端末「Surface Pro」が近い。

画像 ノートPC兼タブレットとして設計されたLenovoのThinkPad X1 Fold(出典:Lenovo)《クリックで拡大》

「ThinkPad X1 Fold」の気になる中身

 調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)のアナリスト、マーク・バウカー氏は「メーカーが2-in-1端末に注力していることを考えれば、ユーザーが持ち歩く端末の数がいずれは少なくなる可能性がある」と語る。同時に、IT管理者が理解すべき技術も減りそうだ。

 ユーザーはThinkPad X1 Foldをタブレットのように持ったり、本のように開いたり、キックスタンドを立ててデスクに置いたり、折り曲げてノートPCとして使ったりできる。操作には単純な画面タッチの他、画面に表示されるデジタルキーボードや別売の充電式スタイラスペン「Lenovo Mod Pen」を使う。デジタルキーボードが苦手な人は、同梱(どうこん)の無線物理キーボード「Lenovo Fold Mini Keyboard」を使うこともできる。

画像 「ThinkPad X1 Fold」は多様なワークスタイルを想定(出典:Lenovo)《クリックで拡大》

 ThinkPad X1 Foldのディスプレイサイズは13.3型で、折り曲げた状態では2つの9.6型ディスプレイを使える。標準モデルはIntelのプロセッサ「Core i5」、256GBのSSD(ソリッドステートドライブ)、8GBのメインメモリ、500万画素の内蔵カメラ、コネクター規格「USB 3.1」準拠のUSBポート2基を搭載する。最軽量構成の重量は約973グラム。

 バッテリー駆動時間は公式には最大約11.7時間となっているが、Lenovoは仕事での利用を前提にした場合は8.5時間だと説明している。「5G」(第5世代移動通信システム)を利用できるモデルや最大1TBのSSDを選択することも可能だ。米国市場での価格は2499ドルからとなっている。

 ディスプレイを折りたためる点がThinkPad X1 Foldの特徴として最も目を引く。ディスプレイを折り曲げ始めると「モード切り替えソフトウェア」が起動して、画面にどのようにアプリケーションを配置するかを尋ねてくる。Lenovoによると、ThinkPad X1 Foldは3万回の開閉を含む耐久性テストに合格している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...