2020年11月09日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Terminal」の作業効率を高めるカスタマイズのポイント「Windows Terminal」の基礎解説【後編】

Microsoftが公開したオープンソースのターミナル「Windows Terminal」は、カスタマイズ性に富んでいることが大きなメリットだ。具体的にどのようなカスタマイズが効果的なのか。

[Daniel Engberg,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | 運用管理


 Microsoftが開発したオープンソースのターミナル「Windows Terminal」は、設定ファイル「settings.json」の設定項目を編集することで、多彩にカスタマイズできる。設定項目は共通設定である「グローバル設定」と、「プロファイル」という単位での個別設定である「プロファイル設定」の2種類に大別できる。グローバル設定は、プロファイル設定で何が選択されているかにかかわらず、ターミナル全体に影響する。

画像 ドロップダウンリストからシェルを選択

 グローバル設定は下記のようなオプションを含む。

  • 外観の明るさ(暗めの「ダークテーマ」または明るめの「ライトテーマ」)
  • マウスホイールで一度にスクロールする行数
  • タブ幅の調整ルール(全て同一、タイトルの長さに応じて調整など)
  • Windows起動時の自動起動の有無

 プロファイル設定の中核要素は、Windows Terminalのドロップダウンリストから選べるシェルの構成だ。

画像 settings.jsonがプロファイルごとの設定を保存

Windows Terminalカスタマイズのポイント

 Windows Terminalは、ユーザーの好みに合わせてUI(ユーザーインタフェース)をきめ細かくカスタマイズできるようにしている。例えばカーソルは形、色、高さを設定でき、フォントは種類、サイズ、太さなどのパラメータを詳細に設定することが可能だ。settings.jsonは、プロファイルごとにUI設定を保存する。

 プロファイル設定をカスタマイズするメリットの一つは、効率的に作業できることにある。例えばSSHクライアント(通信プロトコル「Secure Shell」で接続するためのプログラム)を使って頻繁に使用する複数サーバへの自動ログイン設定をしたり、ルーターやスイッチといった他のデバイスに素早く接続したりするときに、作業効率が重要になる。

Windows Terminal Previewで最新の開発版を入手

 Windows Terminalの新機能を試したいユーザーは、Windows Terminalのプレビュー版である「Windows Terminal Preview」を利用するとよい。これは「Windows」の新機能をいち早く利用できるプログラム「Windows Insider Program」と同様、正式なリリース前に新機能を試すことが可能だ。

 ただしプレビュー版の実行にはリスクが伴う。一部の機能が十分に開発されていない可能性があるからだ。それでも安定版よりも高度な機能を試せるという、プレビュー版のメリットを享受する価値はある。

 Windows Terminalのプレビュー版は毎月、Windowsのアプリケーションストアである「Microsoft Store」のWindows Terminal Previewページ、またはコード共有サービス「GitHub」で公開されている。安定版とプレビュー版の両方をインストールして使うこともできる。安定版を使い続けながら新しい機能を試したいユーザーにとって、この方法が便利だ。

「Windows Terminal 2.0」が2021年に登場

 Microsoftは「Windows Terminal 2.0」のロードマップをGitHubのページで公開している。Windows Terminal 2.0で搭載必須になる機能、任意である機能など優先順位が分かるため、次期バージョンがどのような製品になるかが、ある程度推測できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...