2020年11月09日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows Terminal」の作業効率を高めるカスタマイズのポイント「Windows Terminal」の基礎解説【後編】

Microsoftが公開したオープンソースのターミナル「Windows Terminal」は、カスタマイズ性に富んでいることが大きなメリットだ。具体的にどのようなカスタマイズが効果的なのか。

[Daniel Engberg,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | 運用管理


 Microsoftが開発したオープンソースのターミナル「Windows Terminal」は、設定ファイル「settings.json」の設定項目を編集することで、多彩にカスタマイズできる。設定項目は共通設定である「グローバル設定」と、「プロファイル」という単位での個別設定である「プロファイル設定」の2種類に大別できる。グローバル設定は、プロファイル設定で何が選択されているかにかかわらず、ターミナル全体に影響する。

画像 ドロップダウンリストからシェルを選択

 グローバル設定は下記のようなオプションを含む。

  • 外観の明るさ(暗めの「ダークテーマ」または明るめの「ライトテーマ」)
  • マウスホイールで一度にスクロールする行数
  • タブ幅の調整ルール(全て同一、タイトルの長さに応じて調整など)
  • Windows起動時の自動起動の有無

 プロファイル設定の中核要素は、Windows Terminalのドロップダウンリストから選べるシェルの構成だ。

画像 settings.jsonがプロファイルごとの設定を保存

Windows Terminalカスタマイズのポイント

 Windows Terminalは、ユーザーの好みに合わせてUI(ユーザーインタフェース)をきめ細かくカスタマイズできるようにしている。例えばカーソルは形、色、高さを設定でき、フォントは種類、サイズ、太さなどのパラメータを詳細に設定することが可能だ。settings.jsonは、プロファイルごとにUI設定を保存する。

 プロファイル設定をカスタマイズするメリットの一つは、効率的に作業できることにある。例えばSSHクライアント(通信プロトコル「Secure Shell」で接続するためのプログラム)を使って頻繁に使用する複数サーバへの自動ログイン設定をしたり、ルーターやスイッチといった他のデバイスに素早く接続したりするときに、作業効率が重要になる。

Windows Terminal Previewで最新の開発版を入手

 Windows Terminalの新機能を試したいユーザーは、Windows Terminalのプレビュー版である「Windows Terminal Preview」を利用するとよい。これは「Windows」の新機能をいち早く利用できるプログラム「Windows Insider Program」と同様、正式なリリース前に新機能を試すことが可能だ。

 ただしプレビュー版の実行にはリスクが伴う。一部の機能が十分に開発されていない可能性があるからだ。それでも安定版よりも高度な機能を試せるという、プレビュー版のメリットを享受する価値はある。

 Windows Terminalのプレビュー版は毎月、Windowsのアプリケーションストアである「Microsoft Store」のWindows Terminal Previewページ、またはコード共有サービス「GitHub」で公開されている。安定版とプレビュー版の両方をインストールして使うこともできる。安定版を使い続けながら新しい機能を試したいユーザーにとって、この方法が便利だ。

「Windows Terminal 2.0」が2021年に登場

 Microsoftは「Windows Terminal 2.0」のロードマップをGitHubのページで公開している。Windows Terminal 2.0で搭載必須になる機能、任意である機能など優先順位が分かるため、次期バージョンがどのような製品になるかが、ある程度推測できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...