「『Office 365』が終わった」は誤解? 「Microsoft 365」とは何者なのか「Microsoft 365」と「Office 365」を比較【前編】

「『Office 365』が終わりを迎えた」という理解は、厳密には正しくない。Microsoftは依然として「Office 365」という名称のプランを提供しているからだ。では、そもそも「Microsoft 365」とは何なのか。

2020年11月08日 10時30分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 「Office 365」から「Microsoft 365」に完全に切り替わったと考えるIT管理者もいるだろう。だが、その認識は正しいとは言えない。Microsoftが提供するサブスクリプション形式のオフィススイートのプランとして「Office 365」は依然として存在し、「Microsoft 365」という名称のプランとは料金や含まれる製品/サービスなどが異なる。IT管理者は、どのような場合にどのプランを選択すればよいかを理解することで、コストを大幅に抑制できる可能性がある。

 Microsoft 365もOffice 365も、特にメールサーバの「Exchange Server」やポータル作成・ファイル共有の「SharePoint Server」といったコミュニケーションシステムのクラウドサービスへの移行を容易にして、オンプレミスサーバ関連のコストやメンテナンスを不要にする――。一般的なIT管理者の認識はこうだろう。ただし厳密には、両者をより正確に比較するには、より広範な要素を検討する必要がある。

 前後編にわたり、Microsoft 365がそれぞれ何を提供するのか、Microsoft 365とOffice 365を比較する際のポイントとは何かを確認していこう。

「Microsoft 365」とはそもそも何か

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。