「Microsoft 365」の見落とすと厄介な“あの制限”とは「Microsoft 365」の注意点【後編】

企業が「Microsoft 365」を新たに導入するときは、何に注意をすればいいのか。導入や運用時に注意しておきたい点を説明する。

2020年10月03日 08時30分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 Microsoftのサブスクリプション方式のオフィススイート「Microsoft 365」は豊富な機能を備え、新たな機能が継続的に加わっている。便利な半面、その複雑さが問題を招くことがある。前編「「Microsoft 365」でファイル共有やバックアップに失敗しないためには?」に引き続き、IT担当者がMicrosoft 365を導入するときの注意点を説明する。

注意点3.PC以外の機器との連携

 プリンタやスキャナーなどの機器をメールサーバと連携させて、各機器でメールを送信できるようにする「メールリレー」(メール中継)の問題は、オンプレミスのメールサーバからMicrosoft 365のメールサービス「Exchange Online」に移行する場合に起こりやすい。IT担当者はExchange Onlineへの移行時に、メールサーバと連携する各機器の設定を変更する必要がある。こうした機器でメールリレーの設定を更新して、Microsoft 365の新しいサーバアドレスを反映しないと、各機器でメールを送受信できなくなる。

 Microsoft 365への移行に伴うメールリレーの問題発生を防ぐには、メールリレーのために「Exchange Server」など従来のメールサーバと連携している機器を全て特定することが必要だ。特定したら、各機器がMicrosoft 365と正しく連携するようにする。移行前のメールサーバと連携している機器は、コマンドラインインタフェース(CLI)の「PowerShell」でコマンドを実行すれば簡単に検出できる。

注意点4.メールの送信に関する制限

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...