2020年09月20日 08時30分 公開
特集/連載

「Microsoft 365」でファイル共有やバックアップに失敗しないためには?「Microsoft 365」の注意点【前編】

「Microsoft 365」は豊富な機能を備えている分、複雑だ。正しく設定していないと、エンドユーザーのデータを失うなどのリスクがある。Microsoft 365利用時に注意すべき点を説明する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 Microsoftがサブスクリプション方式で提供するオフィススイート「Microsoft 365」。そのユーザー企業のIT担当者は、エンドユーザーがMicrosoft 365を使用する際によく発生する問題を把握し、過去のトラブルを参考に対処した方がよい。

 豊富な機能を備えるMicrosoft 365には、継続的に機能が追加されている。十分に準備しないまま導入すると、その複雑さから問題が発生する可能性がある。問題が起きた場合に備えて、IT担当者があらかじめ検討すべきことが幾つかある。前後編にわたり、Microsoft 365を導入するときの注意点を説明する。

注意点1.パブリックフォルダーの作成

 Microsoftのメールクライアント「Outlook」のユーザー企業は、複数のエンドユーザーがOutlookでメールや予定表、連絡先を共有するために、ファイル共有機能の「パブリックフォルダー」を利用することがある。パブリックフォルダーは、Microsoftのメールサーバ「Exchange」を導入することで利用可能だ。

 パブリックフォルダーは、人事部門が社内イベントの予定表を管理したり、経理部門が請求書をメールで受け取ったりするときに役立つ。Microsoft 365の一部であるオンラインサービス版Exchange「Exchange Online」にパブリックフォルダーを作成するには、専用のコマンドラインインタフェース(CUI)「Exchange Online PowerShell」や管理コンソール「Exchange Admin Center」(Exchange管理センター)などのツールを使って作業する必要がある。

注意点2.適切なフォルダリダイレクトポリシーの設定

 Microsoft 365のユーザー企業では、Microsoft 365ライセンスを割り当てられたエンドユーザーは、ファイル同期サービスの「OneDrive for Business」を1人当たり1TB分以上利用できる。Microsoft 365の利用を開始すると、エンドユーザーの端末の「エクスプローラー」にOneDriveフォルダのショートカットが作成される。このフォルダにエンドユーザーが保存するファイルは、Microsoftのデータセンター側にあるOneDriveフォルダと同期する。

 この過程で見落としがちなのが、エンドユーザーの端末にあるフォルダをOneDrive for Business側に移動またはリダイレクトするポリシーの設定だ。このポリシーを利用することで、「ドキュメント」「デスクトップ」など、端末内の指定したフォルダをOneDrive for Businessでバックアップできる。ただしポリシーの設定と確認を怠ると正しくバックアップできず、端末のドライブに障害が発生したときにデータ損失を招く可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...