2019年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Exchange」オンプレミス版から「Office 365」への移行で注意すべきこと直面しやすい問題と対処法をチェック

オンプレミス環境で「Microsoft Exchange Server」を利用している企業がクラウドサービスに移行する場合、起こりやすい問題をあらかじめ確認しておこう。

[Reda Chouffani,TechTarget]
画像

 Microsoftのグループウェア製品「Exchange Server 2010」の延長サポートが2020年1月に終了する。Exchange Server 2010を利用している企業は、オンプレミスのままアップグレードするか、クラウドサービスへ移行するかの決断を迫られている。

 経験豊富な管理者なら、クラウドへの移行を恐れてはいないだろう。ただし行く手には落とし穴が隠れている可能性がある。ここで紹介するヒントを参考にして、「Microsoft Exchange Server」(以下、Exchange)のクラウド移行の際に陥りやすい問題を回避しよう。

 移行先としては、クラウド版Exchangeの「Exchange Online」か、Exchange Onlineを含むクラウドオフィススイート「Office 365」のいずれかがある。本稿は特にOffice 365への移行を想定して話を進める。

アップデートで移行に伴う問題を回避

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...