「Exchange」オンプレミス版から「Office 365」への移行で注意すべきこと直面しやすい問題と対処法をチェック

オンプレミス環境で「Microsoft Exchange Server」を利用している企業がクラウドサービスに移行する場合、起こりやすい問題をあらかじめ確認しておこう。

2019年02月01日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]
画像

 Microsoftのグループウェア製品「Exchange Server 2010」の延長サポートが2020年1月に終了する。Exchange Server 2010を利用している企業は、オンプレミスのままアップグレードするか、クラウドサービスへ移行するかの決断を迫られている。

 経験豊富な管理者なら、クラウドへの移行を恐れてはいないだろう。ただし行く手には落とし穴が隠れている可能性がある。ここで紹介するヒントを参考にして、「Microsoft Exchange Server」(以下、Exchange)のクラウド移行の際に陥りやすい問題を回避しよう。

 移行先としては、クラウド版Exchangeの「Exchange Online」か、Exchange Onlineを含むクラウドオフィススイート「Office 365」のいずれかがある。本稿は特にOffice 365への移行を想定して話を進める。

アップデートで移行に伴う問題を回避

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...