「Office 365」のバックアップをどうする? 製品選択3つのヒントオンプレミスにあるデータと同じように考える

Microsoft「Office 365」のバックアップはサービス多くのベンダーが提供している。これらのサービスを選ぶとしたら、どこから手をつければよいだろう。3つのポイントを紹介する。

2018年12月25日 05時00分 公開
[Nick CavalanciaTechTarget]

関連キーワード

Office 365 | OneDrive | SharePoint | バックアップ


photo

 Microsoft「Office 365」の導入が広がっている。

 Osterman Researchが2018年3月に発行したホワイトペーパー「Supplementing the Limitations in Office 365」によると、調査対象企業の3分の2がMicrosoftの「Exchange Online」を利用している。また約80%の企業でMicrosoftの「OneDrive for Business」のユーザーが100人を超えている。こうした状況を踏まえると、電子メールとオンラインコラボレーションではMicrosoftが先んじているのは明白だ。Office 365を利用する企業は多く、今後利用を予定している企業も増えている。このような状況から、Office 365のバックアップ戦略を検討しておく必要がある。

 Office 365内のデータは、オンプレミスのデータと同様、破損、損失、改ざんの影響を受けやすい。そのためデータを最適に保護する方法を考えておくべきだ。またOffice 365内のデータが、ランサムウェア攻撃の標的となる恐れがあることも明らかになっている。

 本稿では、Office 365のサービスの中でもメールサービスの「Exchange Online」、グループウェアの「SharePoint Online」、オンラインストレージの「OneDrive」に保管されているデータのバックアップについて考える。これらのサービスはバックアップに関する新しい話題が多く、バックアップ機能を提供するサードパーティーのソフトウェアベンダーが、対象サービスにすることが多いためだ。

Office 365のバックアップ対策はどうすればいい?

 これから、Office 365のバックアップにおけるベストプラクティスを3つ紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...