2018年10月14日 05時00分 公開
特集/連載

「Office 365」がAI技術で進化Excelが自ら考えるようになるAI機能「Ideas」とは

Microsoftはオンラインオフィススイートの「Office 365」に、人工知能(AI)技術を駆使した新しい機能を盛り込んだ。中でも注目の機能は「Ideas」だ。

[Ed Scannell,TechTarget]
画像

 オンラインオフィススイート「Office 365」は、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術を用いた、多数の機能を搭載し始めている。こうした機能は、Microsoftの全般的なクラウド戦略における、Office 365の戦略的な役割を浮き彫りにしている。

 Microsoftによると、Office 365のオンラインサブスクリプション契約は、この2年で急増。コンシューマー向けでは2018年7月現在で3140万件に達し、企業向けでも前年同期比で4割近く増加した。より多くのユーザーが、クラウドに安心してデータを預けるようになってきた。

 調査会社Technology Business Research(TBR)の上級アナリスト、ミーガン・マグラス氏は、Office 365は「ユーザーがいち早く、進んでパブリッククラウドにデータを保存するようになったサービスだ」と解説する。

 Office 365は、MicrosoftがAmazon Web Services(AWS)との競争で優位に立つために重要な存在だという見方で、アナリストは一致する。

 調査会社Directions on Microsoftのアナリスト、ジョシュ・トゥルーピン氏は「Microsoftにとって、Office 365は同社のクラウドを主導する存在であり、同社がサブスクリプションモデルを固める助けになっている」と説明する。

 TBRのマグラス氏によると、Office 365の存在感はあまりに大きいという。「AWSには『Microsoft Office』のように浸透した財産がない。たった1つの製品/サービスであっても、AWSは対抗できないだろう」と同氏は語る。

Office 365に加わったAI機能「Ideas」

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...