誰にも触れず、何も触らない「非接触会議」を実現する方法会議室の感染症対策はどうすべきか

会議室にある機器を触らずに操作するための技術は、感染症対策として活用できる。こうした「非接触会議」は、どのような技術で実現できるのか。

2020年11月06日 05時00分 公開
[David MaldowTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行を受け、今後のオフィスの会議室の在り方を再考する動きが広がっている。感染症防止のために人と人の間の距離を確保しようとすると、会議室に収容できる人数は少なくなる。会議室でWeb会議ツールを利用する場合、カメラとマイクは間隔を空けて着席した参加者の姿と音声を収められるようにする必要がある。換気方法も問題になりそうだ。

 会議室に据え付けられた機器の操作方法についても考えなければならない。機器への接触を避けつつ会議を開始したり、ビデオ通話をしたりするにはどのような方法があるのだろうか。従業員が共同で使う機器への接触を極力減らす「非接触会議」を実現するための2つの方法を説明する。

1.音声操作

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...