2018年03月09日 05時00分 公開
特集/連載

誰も使いたがらない会議室を「未来の会議室」に変える先進技術とは電源とWi-Fiだけで満足?

最新鋭のコラボレーションツールを導入しても、従業員に使ってもらえなかったらもったいない。「会議室管理ツール」を併用して従業員の利便性を高めることの重要性に企業は気付きつつある。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 旧式の会議室には高速なインターネットや便利な電源コンセントなどの基本的な機能さえ備わっていないこともあり、多くの企業がこれを徹底的に見直す計画を既に完了または開始している。

 Nemertes Researchによる、世界の約650社を対象にした最近の調査によると、企業の大半は、現代の会議室に必須の機能である、デジタルホワイトボードや音声アシスタント、人工知能(AI)などの高価な技術の導入は考えていないという。代わりに、高速なインターネット接続や高音質オーディオ機器、会議参加者用に電源コンセントをたくさん用意するなどといったことを優先的に考えている。

 しかし「デジタルホワイドボードなど新しいコラボレーションツールの前途は明るいということが、会議室に関する多数のプロジェクトの原動力となっている」と、Nemertes Research社長のロビン・ガレイス氏は言う。企業の3分の2が「未来の会議室」プロジェクトの計画・評価をしている、または近頃そのようなプロジェクトを完了した、と回答している。4.9%の企業だけが、このアイデアを検討したが、採用しないことにしたと回答した。

 「IT的な見地からあらゆる技術の導入を失敗させたくないのだ」とガレイス氏は言う。「会議へ参加することをポジティブな体験、つまり生産性を向上させる体験として捉えてほしいと考えているのだ」

 「例えば電源コンセントが見つかりにくい、またはプロジェクターの準備に10分もかかるといった、一見して大した不満とは思えない理由で、従業員は会議室を避け、自分のデスクでブリッジ機能(多地点通話)を用いた電話会議をする方がいいと考えてしまう」とガレイス氏は言う。多くのプロジェクトでは、全ての会議室のレイアウトや技術に統一性を持たせることが重要視されている。

 最新の会議室用技術に関して言及すると、企業は高画質ビデオ会議や、カレンダーアプリとの統合、コラボレーションツールの統一を重要視している。この重要視する項目のリストのずっと下にはデジタルホワイトボードも入っており、企業の21.1%が「必須」だと考えている。次いで音声アシスタントが18%、AI統合が16.7%と続く。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...