2021年02月27日 05時00分 公開
特集/連載

「HTML」「JavaScript」をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【中編】

「HTML」「JavaScript」の知識を身に付けておくことは、セキュリティ担当者にとって決して損ではないという。それはどういうことなのか。

[Mike Chapple,TechTarget]

関連キーワード

プログラミング | セキュリティ


 セキュリティ担当者の業務に役立つコンピュータ言語のうち、本連載は以下の5種類を紹介する。前編「『Python』をセキュリティ担当者が学ぶ意味は? どう学ぶべきか?」は「Python」を取り上げた。中編は「HTML」「JavaScript」を紹介する。

  1. Python(前編で紹介)
  2. HTML
  3. JavaScript
  4. シェルスクリプト(後編で紹介)
  5. SQL(後編で紹介)

2.HTML

学習が必要な理由

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。