「HTML」「JavaScript」をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【中編】

「HTML」「JavaScript」の知識を身に付けておくことは、セキュリティ担当者にとって決して損ではないという。それはどういうことなのか。

2021年02月27日 05時00分 公開
[Mike ChappleTechTarget]

関連キーワード

プログラミング | セキュリティ


 セキュリティ担当者の業務に役立つコンピュータ言語のうち、本連載は以下の5種類を紹介する。前編「『Python』をセキュリティ担当者が学ぶ意味は? どう学ぶべきか?」は「Python」を取り上げた。中編は「HTML」「JavaScript」を紹介する。

  1. Python(前編で紹介)
  2. HTML
  3. JavaScript
  4. シェルスクリプト(後編で紹介)
  5. SQL(後編で紹介)

2.HTML

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...