2021年02月27日 05時00分 公開
特集/連載

「HTML」「JavaScript」をセキュリティ担当者が学ぶべき納得の理由セキュリティ対策に役立つコンピュータ言語5選【中編】

「HTML」「JavaScript」の知識を身に付けておくことは、セキュリティ担当者にとって決して損ではないという。それはどういうことなのか。

[Mike Chapple,TechTarget]

関連キーワード

プログラミング | セキュリティ


 セキュリティ担当者の業務に役立つコンピュータ言語のうち、本連載は以下の5種類を紹介する。前編「『Python』をセキュリティ担当者が学ぶ意味は? どう学ぶべきか?」は「Python」を取り上げた。中編は「HTML」「JavaScript」を紹介する。

  1. Python(前編で紹介)
  2. HTML
  3. JavaScript
  4. シェルスクリプト(後編で紹介)
  5. SQL(後編で紹介)

2.HTML

学習が必要な理由

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。