2021年01月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイントApple製OS用プログラミング言語比較【後編】

Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。

[Kerry Doyle,TechTarget]

 「macOS」「iOS」などApple製OS用アプリケーションを開発するためのプログラミング言語の主流は大きく2つある。1つ目は歴史のある「Objective-C」、2つ目は2014年に登場した新顔の「Swift」だ。

Objective-Cはなぜ使われ続け、なぜ嫌われるのか

 一般にObjective-Cエンジニアは、以下の点でObjective-Cを好む。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...