マンチェスター・シティFCがSAPのPaaSで構築したデジタルサイネージの中身「エクスペリエンスマネジメント」を強化するマンチェスター・シティFC【前編】

イングランドの強豪プロサッカークラブであるマンチェスター・シティFCは、ファンの体験価値を向上させるためにITを駆使している。具体的に何をしているのか。

2021年12月28日 05時00分 公開
[Brian McKennaTechTarget]

関連キーワード

データ分析


 サッカー強豪として知られるManchester City Football Club(マンチェスター・シティFC)が、オンライン調査ソフトウェア企業Qualtricsと手を結ぶ。ファンからのフィードバックを活用して、試合当日の体験を強化するためだ。

 イングランドのプロサッカーリーグPremier League(プレミアリーグ)に属するマンチェスター・シティFCは、City Football Group(以下、CFG)が保有するクラブの一つだ。CFGは米国プロサッカーリーグMajor League Soccer(MLS:メジャーリーグサッカー)のNew York City Football Club(ニューヨーク・シティFC)や、オーストラリアのプロサッカーリーグA-League Men(Aリーグ・メン)のMelbourne City Football Club(メルボルン・シティFC)も保有する。

 マンチェスター・シティFCが長期的に商取引関係を結んでいるSAPは2019年、Qualtricsを買収した。2020年に新規株式公開(IPO)という形で部分的に手放したものの、現在もQualtricsの株式の過半数を保有している。

SAPのPaaSで構築した「デジタルサイネージ」の気になる中身

 2013年5月設立のCFGは、世界各国の主要都市にフットボールクラブやアカデミー、技術サポート企業、マーケティング企業など、サッカー関連ビジネスを所有している。CFGの株式はAbu Dhabi United Group(ADUG)が過半数を保有している。

 CFGと傘下のクラブは2015年から、ファンとの交流に加え、選手の獲得やパフォーマンスの向上などの業務にもSAPの技術を使用している。2016年にはマンチェスター・シティFCがホームであるEtihad Stadium(エティハドスタジアム)に「#CityPulse Wall」という、タッチスクリーン搭載のインタラクティブなデジタルサイネージを公開した。

 #CityPulse Wallの中のシステムは、SAPのPaaS(Platform as a Service)である「SAP HANA Cloud Platform」(HCP)で構築している。CFGは#CityPulse Wallを設置する目的について、ファンのエンゲージメントを高めるためだと説明している。


 後編は、マンチェスター・シティFCがQualtricsとの提携で進める「エクスペリエンスマネジメント」の具体策を見る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...