テニス四大大会7度優勝のビーナス・ウィリアムズがアナリティクスを愛好する理由テニス界のデータ活用【前編】

データは試合に大きな影響を与え、時に命運を握ることさえある――。そう語るのは、テニスのグランドスラムで7回の優勝を果たしたビーナス・ウィリアムズ選手だ。ウィリアムズ選手がアナリティクスを使う理由とは。

2021年06月07日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

データ分析


 あらゆるスポーツでアナリティクスの使用が広がっている。テニスのビーナス・ウィリアムズ選手もデータ愛好者の一人だ。

 意思決定プロセスを推進するためにアナリティクスを広く利用する企業がある。同様にチームスポーツのプレイヤーや個人スポーツ選手の一部もデータを重視するようになっている。

 ウィリアムズ選手は、シングルスではウィンブルドン選手権(全英オープン)で5回、グランドスラム(ウィンブルドンを含むテニスの四大大会)では合計7回、ダブルスではグランドスラム14回の優勝を果たした実績を持つ。ウィリアムズ選手は、データの持つ力を信じ、アナリティクスを試合に役立てている。

ウィリアムズ選手は「アナリティクス」の何を評価しているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...