マーケターも驚く「CDP」(顧客データプラットフォーム)の意外な使い道デジタルマーケティングにとどまらない「CDP」の可能性【後編】

データをビジネスに生かす動きが広がる中、「CDP」(顧客データプラットフォーム)の用途はデジタルマーケティングにとどまらず、拡大を続けている。具体的にどのような用途があるのか。

2022年08月03日 08時15分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

CRM | データ | データ分析


 「CDP」(顧客データプラットフォーム)に関するベンダー中立の研究機関であるCDP Instituteは、CDPユーザーを対象として継続的に実施しているアンケート調査「CDP Use Case Generator」への回答に基づいて、2021年12月にレポートを発表した。これによると、73人の回答者の4分の3は、小売業、金融サービス・保険、メディア、ヘルスケア、教育の各業種に属している。これらの業種では、CDPをデータ収集に使用する動きが広がっていると言える。

マーケターも驚き? 意外に広い「CDP」の用途

 最も頻繁にCDPを利用するのはマーケティング部門だ。他の部門もCDPの利用を始めており、法務/プライバシー担当者や顧客サービス、営業、データ分析チームでの利用が広がりつつある。一部のエンドユーザーは、予測モデリング(データを使った未知の事象の予測)やアウトバウンドマーケティング(企業が消費者にアプローチするマーケティング)のキャンペーンなど、より高度なデータタスクにCDPを利用し始めている。CDPベンダーが目指すリアルタイム顧客インタラクション(顧客とのリアルタイムでのやりとり記録)、クロスチャネルジャーニーオーケストレーション(複数チャネルを横断した顧客体験のリアルタイム調整)にCDPを利用するエンドユーザーもいる。

 企業がCX(顧客体験)管理においてCDPを有効なツールにするには、さまざまなソースからのデータが必要になる。エンドユーザーがCDPに入れる最も一般的なデータは、顧客のパーソナルデータ、トランザクションデータ、Web行動データだ。他には広告データ、購買インテント(興味・関心)データ、人口統計データ、位置データなどを入れることもある。

 CDP Instituteの創設者であるデビッド・ラーブ氏によると、CDPの採用はまだ初期段階だ。企業がCDPを使い、プライバシー保護やコンプライアンスの支援といったマーケティング以外でのCDPの価値を理解し始めると、一部のエンドユーザーは、より多くの機能を採用するようになると考えられる。「小規模で始めて比較的単純なことで止まる企業もあれば、用途を次々に追加する企業もある」と同氏は説明。「CDPでできることが分かるにつれて、また新しい利用部門が増えるにつれて、次第に使う機能を増やし始める」とみる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...