2022年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

「テープ」も「クラウド」も使えない 怒りの大学が下した決断とは?テレワークで変わるストレージ運用【後編】

テレワークに移行したことを機に、バックアップシステムを見直した米国の2年制大学MVCC。同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープにもクラウドストレージにも不満を持った。最終的に下した決断とは。

[Tim McCarthy,TechTarget]

 米国の2年制大学Moraine Valley Community College(MVCC)は、テープシステムをバックアップに使用してきた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)でテレワークに移行したことをきっかけにして、同校でITインフラの責任者を務めるデニス・セージ氏の怒りは噴出した。

「テープ」にも「クラウド」にも怒り? 大学の最終決断は?

 テープシステムはMVCCのテレワークには向いていなかった。同校は遠隔でテープを保管するために、業者に毎週テープを受け渡していた。この段取りをテレワークで実施するのは困難だった。テープへのバックアップ作業や、テープからデータを復旧するに時間がかかることにも同校は不満だった。

 セージ氏はテープシステムの代替として、クラウドストレージの利用を検討した。「Amazon Web Services」(AWS)と「Microsoft Azure」のクラウドストレージも候補にした。だが使用頻度の高いデータを保存する「ホットストレージ層」と、使用頻度の低いデータを保管する「コールドストレージ層」の利用料金が異なり、費用を予測しにくかった。

 概して教育機関の予算は厳しいため、予測可能性が好まれる傾向にある。セージ氏は、クラウドストレージには5年前後の最低契約期間が設けられていることもある点に気付いた。これでクラウドストレージに対するセージ氏の怒りは増した。

 MVCCが採用したのは、Wasabi Technologiesのクラウドストレージだ。セージ氏は「1年間という契約期間が用意されているのが魅力的だった」と語る。他のクラウドストレージに比べて、低価格なのも評価した点だ。Wasabiのクラウドストレージを試用してみて、テープシステムより状況が悪化することはないと判断した。従来、テープの保管場所との往復には4時間もかかっていた。それがなくなるだけでも大きな改善だった。

バックアップシステムが充実

 新たなバックアップシステムの運用をMVCCが開始したのは2020年のことだった。テープシステムは廃止した。代わりに2台のオンプレミスのストレージと、Rubrikのバックアップサービスを使用。これに加え、遠隔のバックアップ用としてWasabiのクラウドストレージを併用している。

 バックアップシステムを更改したことで、MVCCは手動によるバックアップの作業負荷を軽減することができた。「パンデミックのさなかにもかかわらず、素晴らしい選択ができた」とセージ氏は話す。

 MVCCにはテープシステムの運用を継続する選択肢もあった。だがそれを決断できなかったのは、セージ氏が「現代のバックアップと復元には迅速さが求められる」と考えているからだ。同校は今後、無線LANの帯域幅の拡張を含め、ITインフラの変更や運用を迅速に進める。バックアップシステムも同様だ。「RubrikとWasabiのサービスであれば、変化に迅速に対処できる」(セージ氏)

 セージ氏は、製品やサービスの購買においてエンドユーザーのニーズを考慮することを重視する。「RubrikとWasabiのサービスの組み合わせであれば、災害復旧(DR)の時間を短縮できるだけではなく、働き方や学び方の変化にも迅速に対処できる」と同氏は期待する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...