2022年07月20日 05時00分 公開
特集/連載

大学が「脱テープ」からのクラウド移行を決めた理由とは?テレワークで変わるストレージ運用【前編】

米国の2年制大学MVCCでは、パンデミックを機にテープシステムのある課題が浮き彫りになった。バックアップ用のストレージとしてテープシステムを利用してきた同校は、どう対処したのか。

[Tim McCarthy,TechTarget]

 各地でロックダウン(都市封鎖)を引き起こした新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミック(世界的大流行)は、組織のITにさまざまな変化をもたらした。米国の2年制大学Moraine Valley Community College(MVCC)にとって、パンデミックはバックアップシステムを見直すきっかけになった。

 MVCCはテープによるバックアップシステムを使用してきた。同校でITインフラの責任者を務めるデニス・セージ氏によれば、IT部門のスタッフはテープシステムの運用管理に毎週30時間もの時間を費やしていた。テープシステムの運用に多大な負担がかかっていたところに、パンデミックが発生した。

MVCCが「脱テープ」を決断した理由 バックアップの代案は?

 パンデミックが継続する中で、MVCCはテレワークとオンライン講義を導入した。そのためIT部門は現場での手作業ができず、テープシステムの運用は維持できなくなった。代替策として検討したのは、手動操作が不要なバックアップシステムだ。これが同校の「クラウドストレージ戦略」につながった。

 「テープドライブは老朽化が進み、講義のデータを登録するのが困難になっていた」と、セージ氏は語る。テープシステムの更改には、1万ドルの費用が必要だった。セージ氏のチームは新しいテープシステムを導入するのではなく、IT部門の予算内に収まり、かつ運用管理の作業時間を短縮できる代案を探した。

 MVCCが最終的に選んだのは、バックアップツールベンダーRubrikと、クラウドストレージベンダーWasabi Technologiesのサービスを組み合わせたシステムだ。クラウドストレージとしてはさまざまな選択肢があるものの、「魅力的なシステムはそれほど多くなかった」とセージ氏は振り返る。

 RubrikとWasabiのサービスを導入したことでテープシステムは不要になったため、MVCCはデータセンターのスペース縮小に成功した。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...