プロゴルフのPGAツアーにとっての“顧客”はファンだけではなかったPGAツアー幹部が語るIT戦略【前編】

米国男子プロゴルフの「PGAツアー」は、“顧客”についてどう捉えているのか。PGAツアーのファンエンゲージメント担当者が明かす。

2022年12月13日 05時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

関連キーワード

CMS | CRM | 顧客満足 | データ分析


 1929年以降、プロゴルフ競技団体のPGA TOUR(PGAツアー)は、米国男子プロゴルフツアーを独占的に開催してきた。2022年の現在まで、その存在を脅かすほどの競合が存在したことはない。

 2022年初めに、サウジアラビアの支援を受けたプロゴルフ競技団体LIV Golf(LIVゴルフ)は、同名の新しいツアーを開始した。LIVゴルフはシーズン前に派手な広告を展開。若いファンを引き付けそうなナイトクラブパーティーのような雰囲気を醸成したり、多額の報酬を用意したりして、PGAツアーから有名選手を引き抜いた。にもかかわらず、LIVゴルフは観客動員数をそれほど増やせなかった。

 だからといってPGAツアーが栄光に安住することはない。PGAツアーのファンエンゲージメント担当バイスプレジデントのトラヴィス・トレンバス氏に、顧客体験の現状とIT活用の方向性について話を聞いた。


―― PGAツアーにとっての“顧客”は誰なのでしょうか。

トレンバス氏 実にさまざまなタッチポイント(顧客接点)があり、それぞれに顧客がいる。試合会場を訪れる観客、ソーシャルメディアでつぶやくインターネットユーザー、ストリーミング動画やテレビの視聴者など、数え切れないほど存在する。エコシステム(複数の企業による共存共栄の仕組み)は非常に多様で、充実している。

 私たちには“顧客”と見なせるステークホルダーが、他にも多く存在する。彼らにも素晴らしい体験を提供しなければならない。例えば毎週「ロッカーにタオルを追加してほしい」と頼まなければならない選手がいるとしたら、それを予測し、そのようなことがないようにしたいのだ。

 PGAツアーには40社以上のタイトルスポンサー(オフィシャルマーケティングパートナー)が付いている。放映権を持つメディアもある。全てのツアーにボランティアを擁しているし、報道関係者もいる。


 中編は、PGAツアーが活用する主なITツールを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...