5Gが「無線LAN」に勝てそうにないのはなぜ?無線LANの将来を占う「5大要素」【第4回】

無線通信技術が多様化している中、無線LANはもはや唯一の選択肢ではない。他にどのような技術があるのか。競合を紹介しつつ、無線LANの強みを考える。

2022年12月09日 08時15分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

 無線通信技術の古株である無線LAN。他にもさまざまな無線通信技術が登場し、企業にとっての選択肢が広がっている。無線LANの競合技術とは何か。それでも無線LANが生き残る理由も含めて説明する。

5.無線LANの競合技術:それでも無線LANは生き残る

 もはや無線LANは、無線ネットワークの唯一の選択肢ではなくなった。消費者や企業のネットワーク管理者はこれまで「クライアントデバイスのスペックによっては、無線LANのデータ伝送速度の仕様を生かし切れない場合がある」という問題に直面してきた。そうした中、無線LAN以外の無線通信技術の採用を検討する価値はあると考えられる。無線LANと競合する無線通信技術として、主に下記がある。

  • 5G(第5世代移動体通信システム)
  • プライベート5G
    • 5Gをプライベートネットワークとして使う仕組み。
  • 市民ブロードバンド無線サービス(CBRS:Citizens Broadband Radio Service)
    • 米国政府が持つ3.5GHzの周波数帯(3.55GHz〜3.70GHz)を解放し、民間と共用するサービス。
  • LoRaWAN(Long Range Wide Area Network)
    • IoT(モノのインターネット)に特化している、低消費電力で広域通信が可能な通信規格。

 矛盾しているようだが、このように複数の競合技術が存在していることは、無線LANにとって、ある意味でありがたいことになる。無線LANはこれらの競合技術に対して、コストメリットという圧倒的な強みを発揮できるからだ。予算が限られている中、企業のCTO(最高技術責任者)がCBRSやLoRaWANといった大規模な投資が必要な仕組みを選ぶか、低コストで導入できる無線LANを選ぶかの答えは想像に難くない。

 5Gを愛用するエンドユーザーは、5Gの低遅延に慣れていれば、もう無線LANは使えないと論じると考えられる。コストを重視しなければならない企業にとっては、無線LANと5Gの「どちらか」ではなく、「両方を組み合わせた」仕組みの採用が現実的な選択肢になり得る。対立を克服し、用途に応じて無線LANと5Gの両方を使うマインドが早く定着することを願う。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...