「Wi-Fi 7」「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 6E」を機能比較するとWi-Fi 7が圧倒?間もなくWi-Fi 7の時代【後編】

普及が進んでいる「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の全貌が見えてきた。無線LANの利用をこれから検討する際の対象になる、Wi-Fi 6とWi-Fi 6E、Wi-Fi 7の3規格を機能別に比較する。

2022年10月24日 05時00分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | IEEE | モバイル端末 | ネットワーク


 無線LAN規格「IEEE 802.11ax」の後継となる「IEEE 802.11be」の標準化が進行中だ。無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceによる名称で言うと、IEEE 802.11axは「Wi-Fi 6」と「Wi-Fi 6E」、IEEE 802.11beは「Wi-Fi 7」となる。

 Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eの利用動向を踏まえつつ、Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E、Wi-Fi 7の3規格を機能別に比較(表)してみよう。

Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E、Wi-Fi 7の機能比較 Wi-Fi 7の提供見通しも

 Wi-Fi 6は製品の発売から時間が経過し、既にさまざまな企業が導入している。コンシューマー向け無線LANルーターの規格としても、Wi-Fi 6は十分に普及しつつある。Wi-Fi 6Eは製品が発売したばかりで、企業は導入する必要があるかどうかを検討している段階だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミック(世界的大流行)でサプライチェーンが乱れた影響が長引いたことが、Wi-Fi 6Eの普及を遅らせる要因になっている。

 Wi-Fi 6とWi-Fi 6EはIEEE 802.11axを基にしているので、これらの規格はほぼ同じだ。違いはWi-Fi 6Eが周波数帯として6GHz帯を使用できる点にある。無線LANが従来使用してこなかった6GHz帯を使用できるようになったという点で、Wi-Fi 6Eはやや特殊な規格として扱われることがある。

 Wi-Fi 7は、2.4GHz帯、5GHz帯、6GHz帯の3つの周波数帯を利用できるというWi-Fi 6Eの特徴を引き継ぐ。その他の特徴も含めて比較すると、下表の通り。

表 無線LAN主要規格の比較
  Wi-Fi 6 Wi-Fi 6E Wi-Fi 7
IEEE規格名 IEEE 802.11ax IEEE 802.11ax IEEE 802.11be
使用周波数帯 2.4GHz、5GHz 2.4GHz、5GHz、6GHz 2.4GHz、5GHz、6GHz
最大空間ストリーム数 8 8 16
MLO(マルチリンクオペレーション) × ×
最大データ伝送速度(理論値) 9.6Gbps 9.6Gbps 30Gbps以上
セキュリティプロトコル WPA3 WPA3 WPA3

Wi-Fi 7はいつ提供?

 IEEEはIEEE 802.11be(Wi-Fi 7)の仕様策定のスケジュールを公開している。それによると、IEEE 802.11beの標準化が完了するのは2024年初頭になる見込みだ。ただし無線LANの場合、標準化のタイミングよりも早く新規格品の発売が開始し、アーリーアダプター(早期に導入する企業)が使い始める。2023年後半にはWi-Fi 7の無線LANアクセスポイントが発売する可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...