中小企業も考えるべきテープを使う理由【後編】
HDDとどっちを選ぶ? 安さだけじゃない「テープの5大メリット」とは
テープストレージは決して“終わったストレージ技術”ではない。根強い需要があり、新製品や新技術が登場している。テープには、コスト以外にもさまざまなメリットがある。デメリットと共に紹介しよう。(2024/7/5)

UCに「PoE」を使うメリットとデメリット【後編】
「PoE」と「PoDL」の違いとは? LANケーブルで給電できる2つの方式
電力供給規格のPoEは、企業や家庭での採用が広がりつつある。実はPoE以外にもケーブルを用いた電力供給規格としてはPoDLがあり、特定の条件では有力な技術だ。両者は何が違うのか。(2024/7/4)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【後編】
「Wi-Fi 6E」はスポーツ観戦をどう変える? 野球スタジアムや陸上競技場で導入
Wi-Fi 6の拡張版であるWi-Fi 6Eによって、スポーツ観戦で無線LANの新たなユースケースが生まれている。どのように活用しているのか。(2024/7/2)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【前編】
「Wi-Fi 6E」が屋外で劇的に使いやすくなった納得の理由
Wi-Fi 6の拡張版である「Wi-Fi 6E」は新たに6GHz帯を利用することで、より広帯域の無線LANを実現する。Wi-Fi 6Eは今後、屋外でも利用が広がりそうだ。(2024/6/25)

UCに「PoE」を使うメリットとデメリット【中編】
コンセント不要の給電方式「PoE」がお得ではなく“無駄”になる原因は?
PoEを使えば、ネットワーク機器にLANケーブルで給電できる他、ネットワークの管理や設計がしやすくなるというメリットもある。しかしデメリットもあるため、慎重に検討すべきだ。(2024/6/18)

テレワークに最適なモバイルホットスポット【後編】
無線LAN接続に「モバイルルーター」を使うなら“6つの視点”で選ぶべし
無線LAN接続用の手段としてモバイルホットスポット専用デバイス(モバイルルーター)を使う場合は、考慮すべきポイントが複数ある。6つにまとめて解説しよう。(2024/6/14)

進化は「オンデバイスAI」だけじゃない
クアルコムの“AIスマホ向け”新SoC「Snapdragon 8s Gen 3」は何がすごい?
「オンデバイスAI」に注力するQualcomm Technologiesが発表した「Snapdragon 8s Gen 3 Mobile Platform」は、どのようなSoCなのか。その特徴を紹介する。(2024/4/27)

企業向け無線ネットワークの選択肢【後編】
「Wi-Fi 6」も「5G」も“使えれば皆同じ”ではない 無線通信の決定的な違い
無線には「Wi-Fi 6」を含む無線LANや「プライベートLTE」といった選択肢がある。無線LANの規格ごとの違いに触れつつ、各無線規格にどのような違いがあるのかを比較する。(2024/4/26)

企業向け無線ネットワークの選択肢【前編】
無線LANが“いつも正解”じゃない あえて「LTE」を使う理由はこれだ
無線のプライベートネットワークとしては無線LAN(Wi-Fi)が一般的だが、プライベートLTEも企業にとって現実的な選択肢となっている。プライベートLTEの特徴を解説する。(2024/4/19)

Wi-Fi Halowが本格始動【後編】
無線LAN「Wi-Fi Halow」は何に使える? 普通のWi-Fiとはちょっと違う応用例
無線LAN規格「Wi-Fi Halow」(IEEE 802.11ah)は電力消費を抑える機能や約1キロ届く通信など、IoT向けの機能を搭載している。実際にどのような用途に使えるのか。(2024/4/12)

Wi-Fi Halowが本格始動【前編】
同じ無線LANでも「Wi-Fi 6」とは根本的に違う「Wi-Fi Halow」だけの機能とは?
無線LANの業界団体WBAが、IoT向けの無線LAN規格「Wi-Fi HaLow」に関するホワイトペーパーを公開した。今後の活用を見込んで、さまざまなユースケースを検証する。Wi-Fi Halowとは何か。(2024/4/5)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【後編】
無線LAN規格「Wi-Fi 6」から「Wi-Fi 7」への進化は“意味がない”のか?
無線LAN新規格の開発ペースが加速している。ただし一部の機能は十分に活用されないまま、新規格の開発が進んでいる。こうした状況に専門家は危機感を抱いている。(2024/2/20)

次世代ネットワークの要素技術をつくる7選技術【前編】
「SASE」や「Wi-Fi 6E」だけじゃない 次世代ネットワークをアナリストが解説
SASEをはじめとしたネットワーク関係の技術を取り入れることで、ビジネスの競争力に直結するネットワークを構築できる。次世代ネットワークの要素技術とは。(2024/2/19)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【前編】
無線LAN「Wi-Fi 7」に飛び付く人と「Wi-Fi 6」で満足な人、それぞれの考え
無線LANの次世代規格Wi-Fi 7に準拠する製品が早くも市場に出てきた。しかし、だからといって企業や消費者が無線LAN新製品に飛び付くわけではない。(2024/2/13)

蔵出しブックレット
「5GとWi-Fi 6の違い」をあなたは説明できるか? 賢い使い分け方は?
「5G」と「Wi-Fi 6」はどちらも無線ネットワークですが、当然ながらこの2つは同じではありません。具体的には何がどのように違うのか、どのように使い分ければよいのかを解説します。(2024/2/8)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【後編】
Wi-Fiの「遅い」「つながらない」をなくす“無線LANの技術革新”とは?
無線LANのQoS(サービス品質)要件は、アプリケーションやネットワークを提供する場所によって異なる。無線LANのQoS確保方法を解説する技術レポートを公開した業界団体WBAは、何を推し進めているのか。(2024/2/8)

Computer Weekly日本語版+セレクション
もう「Wi-Fi 7」時代? 無線LANの気になる進化
Wi-Fi 6の次世代となる無線LAN規格「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)。Wi-Fi 6までの無線LAN規格と比べてどのような進化が見込めるのか。新たに登場する無線LANアクセスポイントと併せて紹介する。(2023/12/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
Wi-Fi 6ブームが着火した“単純過ぎる理由”とは?
「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN機器への投資意欲が、パンデミックを機に急速に高まったのはなぜなのか。その理由は意外なほどに単純だという。どういうことなのか。(2023/12/14)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【後編】
Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?
「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/7)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【前編】
次世代無線LAN「Wi-Fi 7」製品が早くも登場 気になる進化は?
次世代の無線LANとして注目を集める「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の製品群を、Nokiaが発表した。Wi-Fi 7で追加された新機能はネットワークにどのような変化をもたらすのか。(2023/11/30)

企業向けWi-Fiのヒント【第4回】
企業向けの「信頼できる無線LAN」を作るベストプラクティスはこれだ
無線LAN構築には幾つものポイントがある。まずは専門家に設計を依頼するといった基本的な内容を押さえよう。その後は、少しの手間で理想に近い無線LANを目指すことができる。(2023/11/3)

企業向けWi-Fiのヒント【第2回】
Wi-Fiユーザーが密集しても「無線LANの速度」が“激落ち”しないのはなぜ?
企業向け無線LANの構築には幾つもの注意点がある。まず重要なのは、Wi-Fiのネットワークとしての特徴を理解しておくことだ。Wi-Fiは混雑に弱いという特徴がある。それを克服する技術や工夫を紹介する。(2023/10/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
Wi-Fi 7がすぐそこ Wi-Fi 6Eは無意味だった?
「Wi-Fi 6E」が登場して間もない中で、「Wi-Fi 7」の仕様策定が進んでいる。Wi-Fi 7は今までの無線LAN規格と何が違うのか。Wi-Fi 6Eは存在そのものが無意味だったのか。(2023/10/19)

企業向けWi-Fiのヒント【第1回】
同じWi-Fiでも「企業向けの無線LAN」が家庭用と同じではない理由
企業向け無線LANを適切に構築するには、幾つかの注意点がある。無線LANアクセスポイントを約7000台見てきたコンサルタントが、企業向け無線LANを適切に構築するためのヒントを紹介する。(2023/10/12)

無線LANと有線LANの消費電力【後編】
障害に強いのは有線より無線? 災害時でもつながる「無線LAN」の作り方
電力消費において無線と有線のどちらが優れているかは簡単には結論を出せないが、無線LANには災害や障害が発生したときも電力を確保しやすいという利点がある。(2023/10/12)

ネットワークニュースフラッシュ
ポケモンカード制作会社が無線LAN管理に「Cisco Meraki」を選んだのはなぜ?
ポケモンカードゲームの制作を手掛けるクリーチャーズや、出版社のプレジデントの無線LAN導入事例、国内法人向けWANサービス市場の動向など、ネットワークに関する主要なニュースを紹介する。(2023/9/30)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【前編】
マネージドWi-Fi「OMWi」はなぜ“使えない無線LAN”なのか?
企業やエンドユーザーにとって欠かせない存在となっているWi-Fi。通信事業者がマネージドサービスとしてWi-Fiを提供する場合には課題がある。業界団体が改善に乗り出した。(2023/9/22)

無線LAN「8つの改善点」【第4回】
「無線LANアクセスポイント」をとことん安全にするセキュリティ改善方法
企業において利用が広がってきた無線LANは、便利だからこそ不正にも使われがちだ。無線LANの安全な利用を継続するためには、管理やAPの運用において何を変えればいいのか。(2023/9/19)

無線LAN「8つの改善点」【第3回】
無線LANの「SSID」はなぜ複数ある? APのセキュリティ問題
無線LANの使い勝手やセキュリティは、利用する目的や場所によっても左右される。どうすれば無線LANの利用を少しでも改善できるのか。そのポイントを紹介する。(2023/9/12)

無線LAN「8つの改善点」【第2回】
「無線LANアクセスポイント」の場所は“どこでもOK”じゃない 理想の方法は?
無線LANの使い勝手やセキュリティは、利用する目的や場所によっても左右される。どうすれば無線LANの利用を少しでも改善できるのか。そのポイントを紹介する。(2023/9/5)

無線LAN「8つの改善点」【第1回】
「無線LANアクセスポイント」の“いいかげん”な設置はNGなのはなぜ?
無線LANはアクセスポイントの設置の仕方や、ネットワーク設計によってパフォーマンスやセキュリティに違いが生じる。より良い無線LANの利用体験を生み出すには、何を変えればいいのか。(2023/8/28)

無線LANの未来はどうなる?【後編】
「ネットワークスイッチ」はもう要らない? その理由とは
企業はネットワークスイッチを業務に不可欠のインフラとみなし、ネットワークスイッチへの投資を重視してきた。ただしその状況は変わりつつある。企業の考え方は、どのような影響を受けているのか。(2023/8/28)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第7回】
無線LANや5Gがいくら便利でも「有線LANの終わり」が全然来ないのはなぜ?
無線LANや「5G」などの無線ネットワークを積極的に活用する企業でも、あえて有線LANなどの有線ネットワークを率先して使うべき理由が存在する。それは何なのか。(2023/8/22)

無線LANの未来はどうなる?【中編】
無線LAN「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)より面白い“次に来る無線通信”は何?
無線LANは利用可能な周波数帯が加わることでより利用しやすくなる。ただし企業にとって今後必要なネットワーク技術は、無線LANばかりではない。(2023/8/21)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第6回】
無線LANだらけの「オール無線化」を阻む“4つの課題”と解決策はこれだ
オフィスにおけるネットワークの主流が、有線LANから無線LANやモバイルネットワークに移りつつある。そうした無線ネットワークを企業が導入する上で障壁になり得る、4つの課題とは。(2023/8/15)

無線LANの未来はどうなる?【前編】
「無線LANコントローラー」はもう必要ではなくなるのはなぜ?
企業のビジネスの変化に応じて進化してきた無線LAN。今後はどのような変化が考えられるのか。無線LANコントローラーに起こり得る変化とは。(2023/8/14)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第5回】
無線LANよりも勢いづく「無線WAN」とは? 台頭し始めた“納得の理由”
オフィスのネットワークとして無線LANの採用が進む中、もう一つの無線ネットワークの利用が広がり始めている。それは「無線WAN」だ。そもそも無線WANとは何なのか。普及の背景とは。(2023/8/12)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第4回】
「無線LANは危ないから使ってはいけない」はもう昔話だった?
無線LANを構築する上で、頭に入れておきたいのがセキュリティ対策だ。を導入することで期待できるセキュリティ強化とは。(2023/8/9)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第3回】
無線LANを「W-Fi 6」(IEEE 802.11ax)にするのが“意外と難しい”のはなぜ?
無線LANを「Wi-Fi 5」準拠から「Wi-Fi 6」準拠に変更するのは、決して簡単ではない。Wi-Fi 6への切り替えを検討する際には、何に注意すべきなのか。(2023/8/5)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第2回】
無線LANなら「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)を使うべき“これだけの根拠”
有線LANから無線LANへの置き換えを進める際に、検討対象になり得るのが「Wi-Fi 6」準拠のネットワーク製品だ。Wi-Fi 6にこだわるべき理由は幾つかある。Wi-Fi 6の主な利点と懸念を整理しよう。(2023/8/2)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第1回】
「無線LAN」は有線LANよりも“安くてうまい”のはなぜ?
有線LANが主流だったオフィスのLANは、徐々に無線LANが主流になりつつある。無線LANをはじめとする「無線ネットワーク」を生かすことは、何がうれしいのか。(2023/7/26)

地方の情報格差を解消する「Wi-Fi」【中編】
Wi-Fi「6GHz帯」の意外な活用法とは? 無線LANの業界団体WBAが注目の訳
通信サービスが十分に行き届かない地域のインターネット接続を強化する手段として業界団体が注目する「Wi-Fi」の6GHz帯。その具体的な活用方法を探る。(2023/6/6)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第8回】
「Wi-Fi 6」も「5G」も使うのは無駄? 本当に必要なのは何?
類似する特徴が幾つかある「Wi-Fi 6」と「5G」。両方を使うのか、どちらかを使うのかが今後より重要になる可能性がある。両者の違いを踏まえて使い方を考えることが不可欠だ。それぞれ、どのように使えばよいのか。(2023/5/11)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第7回】
モバイル通信は「4G」「5G」になって何が変わった?
「3G」「4G」「5G」といったように、「世代」(G:Generation)で違いを表すモバイルネットワーク。世代を経るごとに、モバイルネットワークはどのように進化してきたのか。(2023/5/10)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第6回】
「1G」「2G」「3G」は何が違う? モバイル通信はこうして変わった
企業が利用する“2大無線通信”と言えば無線LANに加えて、移動通信システムによるモバイルネットワークを挙げることができる。モバイルネットワークは、世代を重ねるごとにどのように進化してきたのか。(2023/5/9)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第5回】
「Wi-Fi 6」が“当然の選択肢”になったこれだけの理由
企業のネットワークにおいては有線LANが主流だった時期がある。だが「Wi-Fi 6」が普及しつつあるのと同時に、無線LANに対する企業の見方は変わった。目覚ましい進化を継続してきた無線LANは、以前と何が違うのか。(2023/5/5)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第4回】
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)に至るまでの無線LAN“大進化”の系譜
「IEEE 802.11」や「Wi-Fi」の名称で広く知られる無線LANは、1990年代後半から2000年代前半にかけての初期から2020年代に至るまで、多彩な進化を遂げてきた。その系譜とは。(2023/5/4)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第3回】
無線LAN「IEEE 802.11」や「Wi-Fi」が人気を呼んだ理由
「IEEE 802.11」や「Wi-Fi」として広く知られる無線LAN。その黎明(れいめい)期、ベンダーは無線LANを広く普及させるために“ある決断”をした。それは何だったのか。(2023/5/3)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第2回】
無線LANとして大成功した「IEEE 802.11」はこうして生まれた
現代に至るまでに巨大な市場を作り上げてきた無線LAN。その黎明(れいめい)期は、実は混沌(こんとん)としたものだった。「IEEE 802.11」ができた当時を振り返る。(2023/5/2)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第1回】
「無線LAN」はどこでどう生まれた? 始まりはこれだ
企業にとっても、消費者にとっても欠かせない存在になった無線LAN。この便利な通信技術は、どこで、どのように誕生したのか。その発展の歴史から“優秀さ”の鍵を探る。(2023/5/1)