Wi-Fi 7がすぐそこ Wi-Fi 6Eは無意味だった?特選プレミアムコンテンツガイド

「Wi-Fi 6E」が登場して間もない中で、「Wi-Fi 7」の仕様策定が進んでいる。Wi-Fi 7は今までの無線LAN規格と何が違うのか。Wi-Fi 6Eは存在そのものが無意味だったのか。

2023年10月19日 10時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 標準規格「IEEE 802.11ax」に基づいて、業界団体Wi-Fi Allianceが規定した無線LAN規格「Wi-Fi 6」。その拡張版である「Wi-Fi 6E」に基づく無線LAN製品が登場して間もないにもかかわらず、早くも後継の「Wi-Fi 7」が生まれようとしている。標準化団体IEEEが、Wi-Fi 7の基になる標準規格「IEEE 802.11be」の仕様策定を進めているのだ。

 Wi-Fi 7にはデータ転送速度の向上といった進化が期待できる。間もなく世代交代をするWi-Fi 6E準拠の無線LAN製品の購入は見送り、Wi-Fi 7準拠製品の登場を待つのが“賢い選択”なのか。そもそもWi-Fi 7は、Wi-Fi 6やWi-Fi 6Eと何が違うのか。本資料は、こうした疑問を解消する。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

連載:間もなくWi-Fi 7 の時代

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...