2020年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Teams」がLinuxで利用可能に 背景には「Slack」との競争ソフトウェア開発者に朗報?

Microsoftは「Microsoft Teams」のLinux版の提供を開始した。昔は競合するソフトウェアやOSに対して排他的な傾向にあった同社が、LinuxユーザーにTeamsを提供するのはなぜなのか。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Microsoftは2019年12月、チームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」の「Linux」版クライアントソフトウェアを公開した。これによりソフトウェア開発者へのTeamsの普及を促進する狙いだ。

 クライアントOSとしてLinuxを利用して仕事をすることを好むソフトウェア開発者は少なくない。TeamsはこれまでLinuxで利用できなかったが、競合サービスの「Slack」は何年も前からLinuxで利用できる。

 「私が調査した中で、SlackとTeamsの両方を運用している企業の多くでは、ソフトウェア開発者がSlackを使っている」と、調査会社Nemertes Researchのアナリスト、アーウィン・ラザー氏は語る。TeamsのLinuxクライアントの登場で、企業の間でTeamsの全社展開が進む可能性がある。

 TeamsのLinuxクライアントは、通話やビデオ会議を含むTeamsの主要機能を搭載する。ただし一定の制約もある。例えば会議のときに便利な管理機能が、「Windows」や「macOS」向けクライアントほど充実していない。

 それでもTeamsのLinuxクライアントの提供は、同社にとって重要な戦略だ。MicrosoftはTeamsについて「Linuxデスクトップで使える初の『Office 365』アプリケーションだ」と言及している。ただし同社は、Linux対応アプリをさらに投入するのかどうかについては明らかにしていない。

競合OSに排他的なMicrosoft、方向転換の理由は

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。