2019年12月30日 05時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Teams」のユーザーが2000万人を突破、「Slack」の対抗策は?それぞれどのような機能があるのか、どのくらい使われているのか

「Office 365」の2億人のユーザーの間で、「Microsoft Teams」の利用が増え続ける見通しだ。競合の「Slack」もシェアを拡大すべく、機能の追加やUIの改善を進めている。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Microsoftは2019年11月19日、チームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」の1日当たりのアクティブユーザー数が2000万人を突破したと発表した。競合サービスの「Slack」を提供するSlack Technologiesの株価が同日に8%以上下落したのは、Microsoftの発表が一因だったと考えられる。Teamsが台頭する中で、Slack Technologiesの株価は2019年6月以来、徐々に下がり続けていた。

 Slack Technologiesと違い、Microsoftは膨大な数の既存顧客に照準を絞ることができる。Microsoft製クラウドオフィススイート「Office 365」の月間2億人を超えるユーザーは、追加料金なしでTeamsを利用できる。

 「Office 365の多数のパッケージにTeamsを含めることができる点で、Microsoftは優位にある」。調査会社Frost & Sullivanのアナリスト、ロッド・アーノルド氏はそう解説する。

 Microsoftには、パートナー各社のネットワークを世界規模で構築している強みがある。Slack Technologiesもパートナープログラムを立ち上げたが、規模ではMicrosoftに及ばない。

SlackとTeamsはそれぞれどのくらい使われているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。