2019年12月24日 10時05分 公開
特集/連載

Slackがパートナー戦略でMicrosoftやCiscoに攻勢 大企業での利用は広がるか?Microsoft Teamsに勝てるか

Slack Technologiesは「Slackサービスパートナープログラム」を開始し、さまざまな導入・活用支援サービスを提供する。アナリストは「パートナーエコシステムは長期的な存続に不可欠」と評価する。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Slack Technologiesは2019年11月に「Slackサービスパートナープログラム」を開始し、ITサービス会社やコンサルティング会社との提携に乗り出した。中堅企業や大企業におけるチームコラボレーションアプリ「Slack」の導入を支援し、活用を促すためだ。

 これはSlack Technologiesにとってパートナーチャネル構築の重要な第一歩であり、大企業向けの市場でライバルとなるMicrosoftやCisco Systemsとのユーザー企業獲得競争に役立つ。これらのベンダーは、世界中のユーザー企業のサポートを、リセラーやシステムインテグレーター(SIer)に依存している。

 ただしSlack Technologiesが最初に組んだパートナーは中小規模だ。同社はまだ世界大手のSIerのパートナーを擁していない。こうしたパートナーと組むまでは、Slack Technologiesは従業員数万人規模の企業に売り込みをかける上で、MicrosoftやCisco Systemsのような競合に対して非常に不利な立場にある。

 金融アナリストの間では最近、Slack Technologiesに対する厳しい見方が出ていた。「Slackは長期的に見て、企業市場で『Microsoft Teams』に太刀打ちできないのではないか」との懸念からだ。この数カ月間、Slack Technologiesの株価はじりじりと下落し、株式時価総額は190億ドルから120億ドルを割り込むまで減少した。

Slackサービスパートナープログラムの中身

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...