2019年08月19日 05時00分 公開
特集/連載

複雑化するコラボレーションツール市場「Dropbox」が大規模アップデート G SuiteやSlackとの連携強化の狙いは

「Dropbox」は大規模アップデートにより、「G Suite」「Slack」「Zoom」など他のコラボレーションツールとの連携を強化した。Dropboxに新しく追加された機能と、Dropbox社の戦略について詳しく説明する。

[Jonathan Dame,TechTarget]
画像

 Dropbox社は2019年6月に、オンラインファイル同期サービス「Dropbox」のユーザーインタフェースを大規模にアップデートした。ユーザーはさらに多くの作業を、Dropboxから離れることなくできるようになる。

 今回のアップデートでDropboxは、新たに「G Suite」「Slack」「Zoom」などのコラボレーションツールとの連携を強化し、PC版クライアントアプリケーションにも新機能を加えた。コメントやToDoリスト、アクティビティフィード(ユーザーによる変更履歴を表示する機能)のほか、誰がファイルを見たかを確認できる新機能や、フォルダのトップにドキュメントをピン留めできる新機能などがある。

 先行利用のオプトイン(意思表示)をすれば、新しいPC版アプリケーションを利用できる。Web版とモバイル版のクライアントアプリケーションは、段階的に更新される。Dropboxの各アプリケーションの更新版は、最終的にはコンシューマーを含む全ユーザーが利用できるようになる。

Dropboxの新機能

 Dropboxのアップデートで、ユーザーがG Suite(「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」)形式のファイルを、Dropbox内部で作成して保存できるようになった。「Microsoft Office」形式のファイルをオフィススイート「Office 365」またはG Suiteで開き、編集した内容を自動的にDropboxに保存することもできる。

 ユーザーはSlackとの連携機能を利用すると、Dropboxのクライアントアプリケーションを数回クリックするだけで、自身がDropboxで保存しているファイルをSlackで共有したり、ファイルやフォルダについての会話をSlackで始めたりすることができる。Slackのアクティビティフィードを参照して、どのファイルがいつSlackで共有されたかを確認する機能もある。

 Web会議ツールのZoomについては、Dropboxから会議の開始と参加ができるようになるため、Dropboxで保存したファイルを共有する際の効率性が向上する。Dropbox社によると、Atlassian製のプロジェクト管理アプリケーションとの連携も近いうちに実現する。

 そのほか既に連携できる製品/サービスとして、

  • 電子署名サービスの「DocuSign」「HelloSign」
  • オンラインメールサービスの「Gmail」
  • 動画配信サービスの「Vimeo」
  • ファクシミリ(FAX)サービスの「HelloFax」
  • PDF変換・編集ツールの「Nitro」「airSlate」「Smallpdf」
  • 画像編集サービス「Pixlr x」

が挙げられる。AdobeやAutodeskの製品/サービスとの連携も可能だ。

連携強化の狙いは打倒「Box」か

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...