2019年05月19日 05時00分 公開
特集/連載

少数だが確実にあるニーズWindowsから「Linuxデスクトップ」へ乗り換えたくなる4つの理由

Linuxは、クライアントOSとしてはWindowsほど普及していないものの、使い方によっては大きなメリットを提供する。Linuxデスクトップが役立つユースケースを詳しく見てみよう。

[Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Linux | Windows 10 | Windows | OS


画像

 クライアントOSとして「Linux」を利用するLinuxデスクトップは、企業では以前から一般的ではなく、むしろ例外的な存在だ。ただし特定の用途では、これに勝るものはない。ユーザーが求めるものを提供できるよう準備を整えるのが、IT担当者の仕事だ。Linuxデスクトップは、意外な予想外のメリットを発揮する可能性がある。

 現在、クライアントOSの中でLinuxデスクトップが占める割合はごくわずかであり、企業で使われているLinuxデスクトップはさらに少ない。このことを考えると、Linuxデスクトップがメリットを発揮するのが、特殊な状況においてであることは明らかだ。特定のユーザーがLinuxデスクトップを支持する少数派に加わるのは、どんな状況を踏まえてなのかを探っていこう。

Linuxデスクトップを選択する理由

1.特定のアプリケーションの利用

 ハイエンドの3次元(3D)グラフィックスデザインおよびレンダリングなどのアプリケーションを使用する企業は、Linuxデスクトップを選択することが珍しくない。Linuxデスクトップを選ぶ理由になり得る他の専門的アプリケーションには、大規模かつ高精度のデータ分析や、コンピュータ支援設計(CAE)の分野で広く利用される「有限要素法」に基づく構造解析など、CPU負荷の高いタスクを実行するアプリケーションが含まれる。

 Linuxはこれらのアプリケーションにおいて高いパフォーマンスを発揮し、関連するサーバまたはスーパーコンピュータと共通のユーザーインタフェースを提供する。

2.ユーザーの好み

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...