パスワード不要の認証「パスキー」のすごさとは?特選プレミアムコンテンツガイド

Googleが同社アカウントへのログイン手段に採用するなど、普及が加速する「パスキー」(Passkey)。パスワードとは違う認証要素を使うパスキーの普及により、パスワードの要らない認証はいよいよ本格化するのか。

2023年10月05日 17時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「パスワードが何だったのか思い出せない」「パスワードをメモしていた紙を紛失してしまった」――。こうした“うっかりミス”は、パスワードを使った認証ではありがちだ。パスワードへの依存をなくし、さまざまなWebサービスへのログインを楽にするために「パスワードレス認証」を実現する技術の開発が進んでいる。

 パスワードレス認証技術の代表格が「パスキー」(Passkey)だ。Webサービス大手のGoogleが、同社サービスの共通アカウント「Googleアカウント」へのログインにパスキーの利用を可能にするなど、パスキーの利用が広がり始めている。そもそもパスキーとは何か。パスキーの普及が、パスワードレス認証を本格化させるのか。本資料は、パスキーの仕組みと、「パスワードが要らない世界」実現に向けてのパスキーのインパクトを考える。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

Google「パスワードレス認証」に本腰

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...