パスワード不要でGoogleアカウントにログインできる「パスキー」とは?Google「パスワードレス認証」に本腰【前編】

パスワードに頼らない認証技術の開発が進む中、Googleは「パスキー」(Passkey)を使ったGoogleアカウントへのログインを可能にした。パスキーとはそもそも何なのか。ログインの方法とは。

2023年08月02日 06時00分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

関連キーワード

Google | パスワード | セキュリティ


 Googleは同社公式ブログ「Google Security Blog」で、「パスキー」(Passkey)を使って同社サービスの共通アカウント「Googleアカウント」にログインできるようにしていることを明かした。パスキーとは何であり、どのような仕組みなのか。

Googleアカウントに「パスキー」を使ってログインするには

 パスキーは認証資格情報(クレデンシャル)の一種であり、生体要素などパスワードとは異なる認証要素を使った認証を可能にする。認証関連の業界団体FIDO Allianceと、インターネット技術の標準化団体World Wide Web Consortium(W3C)が、パスキーを共同開発した。パスキーはパスワードと比べて、盗み見や紛失といったリスクを抑えられる。

 Googleアカウントへのパスキーによるログイン機能は、Googleアカウントを持つエンドユーザーが利用可能だ。エンドユーザーはパスワード認証ではなく、顔認証や指紋認証、PIN(暗証番号)認証などの認証手段により、Googleアカウントにログインできる。パスキーによるログイン機能を有効にしたクライアントデバイスは、エンドユーザーがGoogleアカウントにログインしたり、機密情報にアクセスしたりする際に認証を要求する。

 パスキーを使ってGoogleアカウントにログインしたい場合は、Googleが定めたOSやWebブラウザなどの要件を満たしたクライアントデバイスで、事前にパスキーを作成する必要がある。パスキーの格納先はクライアントデバイス内だ。Googleによると、同社や第三者が、生体データといった認証要素を共有することはないという。


 中編は、パスキーのメリットを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...