パスワード不要でGoogleアカウントにログインできる「パスキー」とは?Google「パスワードレス認証」に本腰【前編】

パスワードに頼らない認証技術の開発が進む中、Googleは「パスキー」(Passkey)を使ったGoogleアカウントへのログインを可能にした。パスキーとはそもそも何なのか。ログインの方法とは。

2023年08月02日 06時00分 公開
[Alexander CulafiTechTarget]

関連キーワード

Google | パスワード | セキュリティ


 Googleは同社公式ブログ「Google Security Blog」で、「パスキー」(Passkey)を使って同社サービスの共通アカウント「Googleアカウント」にログインできるようにしていることを明かした。パスキーとは何であり、どのような仕組みなのか。

Googleアカウントに「パスキー」を使ってログインするには

 パスキーは認証資格情報(クレデンシャル)の一種であり、生体要素などパスワードとは異なる認証要素を使った認証を可能にする。認証関連の業界団体FIDO Allianceと、インターネット技術の標準化団体World Wide Web Consortium(W3C)が、パスキーを共同開発した。パスキーはパスワードと比べて、盗み見や紛失といったリスクを抑えられる。

 Googleアカウントへのパスキーによるログイン機能は、Googleアカウントを持つエンドユーザーが利用可能だ。エンドユーザーはパスワード認証ではなく、顔認証や指紋認証、PIN(暗証番号)認証などの認証手段により、Googleアカウントにログインできる。パスキーによるログイン機能を有効にしたクライアントデバイスは、エンドユーザーがGoogleアカウントにログインしたり、機密情報にアクセスしたりする際に認証を要求する。

 パスキーを使ってGoogleアカウントにログインしたい場合は、Googleが定めたOSやWebブラウザなどの要件を満たしたクライアントデバイスで、事前にパスキーを作成する必要がある。パスキーの格納先はクライアントデバイス内だ。Googleによると、同社や第三者が、生体データといった認証要素を共有することはないという。


 中編は、パスキーのメリットを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...