Dell「APEX」は“クラウドかオンプレか”の不毛な論争を本気で終わらせる「クラウドとオンプレミスの融合」を進めるDell【前編】

ハードウェアベンダーであるDell Technologiesは、自社製品をサブスクリプション形式で利用可能にする「Dell APEX」を推進し、クラウドサービスとオンプレミスインフラの違いをなくそうとしている。同社の戦略とは。

2023年07月31日 10時15分 公開
[Scott SinclairTechTarget]

 従量課金のクラウドサービスの普及により、運用経費(OPEX)形式のコストモデルは、ユーザー企業の間に急速に浸透した。ただしOPEXの適用対象をクラウドサービスに限定すると、設備投資(CAPEX)からOPEXへのコストモデルの転換を進めるユーザー企業にとっては、インフラの選択肢が狭まることになる。

 こうした中、オンプレミスインフラを構築するハードウェアベンダーの間では、コストモデルとしてOPEXを選択できるようにする動きが広がり始めている。その一社がDell Technologies(Dell)だ。Dellは同社のサーバやストレージなどのハードウェアをサブスクリプション形式で提供する製品/サービス群「Dell APEX」を提供している。

Dell APEXで“クラウドかオンプレか論争”に終止符

 Dellは2023年5月にラスベガスで開催した年次カンファレンス「Dell Technologies World 2023」で、Dell APEXを中心に、クラウドサービスとオンプレミスインフラを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」や、複数のクラウドサービスを組み合わせる「マルチクラウド」に関する、3つの事業方針を発表した。その3つは以下の通りだ。

  1. Dellの事業をクラウドサービスに拡張する
    • これは「Ground-to-Cloud」(G2C)というコンセプトに基づいている。G2Cは、オンプレミスインフラ(Ground=地面)からクラウドサービス(Cloud)へという意味だ。
  2. クラウドサービスのあらゆるメリットをオンプレミスインフラでも実現する
    • これは「Cloud-to-Ground」(C2G:クラウドサービスからオンプレミスインフラへ)というコンセプトに基づいている。
  3. インフラの全ての要素を監視・管理する“航空管制システム”を提供する

 ハイブリッドクラウドやマルチクラウドに関する事業を手掛けるベンダーはDellだけではない。こうした中、同社はDell APEXを通じて、クラウドサービスとオンプレミスインフラとの違いをできる限りなくすことに注力することで、競合との差異化を図る狙いだ。


 中編は、DellがMicrosoftやRed Hat、VMwareと協業して提供する、Dell APEXのラインアップを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...