電気自動車のF1「フォーミュラE」出場チームが使うクラウドサービス それで何ができるの?Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第1回】

電気自動車のF1「フォーミュラE」では、レースごとに限られた時間で車体の設定を完了するというルールがある。この難題に対処するために、Porscheのチームはクラウドサービスをどのように活用しているのか。

2023年04月17日 07時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 「ABB FIA Formula E World Championship」(以下、フォーミュラE)は、「電気自動車のフォーミュラ1(F1)」と呼ばれる自動車レースだ。フォーミュラEのレース中、出場チームは走行中の車体からデータを取得する。フォーミュラEに出場するTAG Heuer Porsche Formula E Team(以下、Porsche Formula E Team)は、その仕組みにクラウドサービスを活用する。

レーシングチームが使う“あのクラウドサービス”

 フォーミュラEはメキシコシティ、ロサンゼルスといった市街地をレース会場にするため、突然のコース変更もある。毎年のシーズンごとのルール変更も発生する。決勝レースに向けてチームが車体の設定に使える時間は24時間限りだ。

 Porsche Formula E Teamはデータの格納にMicrosoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」(以下、Azure)を利用している。頻繁にアクセスするデータ「ホットデータ」を、障害が発生した場合と速やかなアクセスに備えて、レース会場に置くストレージに保存する。データはレース中リアルタイムに処理され、レース後クラウドストレージに格納される。クラウドサービスにデータを保存する際は、ストレージベンダーNetAppのストレージOS「ONTAP」をクラウドサービスで使用する「Cloud Volumes ONTAP」を使う。アクセス頻度の低い「コールドデータ」は、Azureのオブジェクトストレージサービス「Azure Blob Storage」に保存する。

 2023年2月に開催されたNetAppのイベントで、自動車メーカーDr. Ing. h.c. F. Porsche(以下、Porsche)のフリーデマン・クルツ氏が講演した。クルツ氏は同社のモータースポーツ分野におけるITの責任者。講演で同氏は、同社が実践するNetApp製品を使ったデータ活用が、一般的な企業でも活用できる可能性について話した。

 ただしフォーミュラEでクラウドサービスを使ってデータ管理をすることは、事例としては特殊な部分がある。レースはサーキットコースではなく市街地で開催され、出場チームの人数や予算にはルールが設けられている。レース会場への到着期日も決められており、週末のレースで走行する車体の準備に与えられる時間は24時間だけだ。

 2023年のシーズン9では、出場チームは「Gen3」と呼ばれる新型の車体を使用する。Gen3の特徴は、Gen3以前の車体には無かった急速充電機能を持つバッテリーを搭載していることだ。バッテリーの最高出力は350キロワットに達する。出場チームにとっては、バッテリー出力を最大限に高めることが課題だ。


 第2回は、限られた時間と条件の中でPorscheが活用するクラウドサービスを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...