Teamsがクラウド障害で使えなくても“代替アプリ”を即OKしてはいけない理由「Microsoft 365」「Azure」障害の影響と裏事情【中編】

日常的に利用しているクラウドサービスのコミュニケーションツールで障害が起きた場合、従業員が業務遂行のために代替ツールを使おうとする可能性がある。こうした代替ツールには“あるリスク”が隠れている。

2023年04月18日 08時15分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 2023年1月、ユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」など、Microsoftのサブスクリプションオフィススイート「Microsoft 365」のクラウドサービス群が一時的に利用できなくなった。エンドユーザーが日常的に利用するクラウドサービスの障害は、幅広い影響を及ぼす。特に注意が必要なのは、障害で使えないクラウドサービスの代替ツールがもたらす、“あるリスク”だ。

だから“代替アプリ”を気軽に許してはいけない

 「ユーザー企業が契約しているコミュニケーションツールが障害で使えなくなると、エンドユーザーはコンシューマー向けのコミュニケーションツールを使い始める可能性がある」。ビジネスチャットツールベンダーNew Vector(Elementの名称で事業展開)の共同創業者であるマシュー・ホジソン氏は、こう指摘する。「結果として、ユーザー企業のデータが危険にさらされる可能性がある」(マシュー氏)

 ビジネスチャットツールに大規模なサービス停止が生じた場合、やりとりは面倒になるものの、エンドユーザーはメールを代替策として活用できる。だが今回の障害は、状況が違った。メールにも障害が起きたからだ。この場合、エンドユーザーは急場しのぎの策として、Meta Platformsの「WhatsApp」といったコンシューマー向けコミュニケーションサービスを利用する可能性がある。そうなると「ユーザー企業は、データの保管やアクセスの方法を管理し切れなくなる」とホジソン氏は説明する。

 「機能が豊富なコミュニケーションツールに依存すると、障害で使えなくなったときに重要な会話が難しくなる」とホジソン氏は話す。冗長構成を用いたクラウドサービスを利用したり、複数ベンダーのクラウドサービスを併用したりすることで「コミュニケーションツールの『単一障害点』化を回避し、エンドユーザーを混乱から守ることができる」(同氏)。


 次回は、Microsoft 365の障害と同時期にMicrosoftが発表した、同社の人員削減計画の背景を説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...