GitHubのCEOが“東京やシンガポールの開発者”と面会した目的は?GitHubのCEOが語る未来【第2回】

トーマス・ドームケ氏はGitHub社のCEOとして、アジア太平洋地域に訪問した。ドームケ氏が開発者と直接触れ合う中で、何を感じたのか。2つの観点から紹介する。

2023年04月18日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 GitHub社(2018年にMicrosoftが買収)のCEO、トーマス・ドームケ氏は、アジア太平洋地域(APAC)の主要市場の訪問を通じて、さまざまな人やコミュニティーと交流をした。同氏がAPACを訪問した意義と、訪問によって成し遂げたいこととは何か。3つの視点のうち、2つ目と3つ目を取り上げる。

「生の声」を聞くことで見えたもの

ドームケ氏 APACでたくさんの顧客とミーティングをした。ある顧客とは、アプリケーション開発分野の現状と未来について議論した。当社はソフトウェアの開発方法やプロセスをとてもオープンにしている。たとえGitHub自体がオープンソースではなくても、当社はオープンソースプロジェクトのように行動し、自社のロードマップやアプリケーション開発における課題への取り組み方を明らかにする。

 私がAPACを訪問した2つ目の視点を簡単にまとめると、開発者コミュニティーの重視だ。東京やシンガポール、シドニーで開催したGitHubコミュニティー向けのイベントでは、開発者の話を聞いた。それを通じて、最近のアプリケーション開発の状況、今後起こり得ること、開発における課題に対する理解を深めることができた。

 3つ目のポイントは、APACにいる当社従業員とのミーティングだ。APACの責任者はシドニーにいるが、東京にもオフィスがあり、シンガポールにも数人の従業員がいる。Microsoftの一員として、この地域で活動するチームと接し、ビジネスチャンスや今後の計画に関する話ができた。

 CEOと直接会うことは、顧客や開発者コミュニティーと同様に、従業員にとっても重要だ。それを通じて、従業員は「GitHub Copilot」や「GitHub Codespaces」といったプロジェクトにCEOがどれだけ情熱を注いでいるかを知ることができる。従業員がこの経験を持ち帰って、顧客とのミーティングに生かすことを望む。


 第3回は、開発における協業の妨げについて、ドームケ氏の考えを取り上げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...