2022年09月16日 05時00分 公開
特集/連載

「HTMLはプログラミング言語かどうか」に何の意味があるのか?HTMLは何者か【第3回】

プログラミング言語の定義と照らし合わせて、「HTMLはプログラミング言語かどうか」を議論する人がいる。そもそも、そうした問いに答えを出すことに意義はあるのか。識者の考えを聞いた。

[Darcy DeCluteTechTarget]

 「HTML」はプログラミング言語ではなく、ドキュメントを構造化するための「マークアップ言語」だ。HTMLの正式名称が「HyperText Markup Language」(ハイパーテキストマークアップ言語)であることからも、HTMLがマークアップ言語であることが分かる。

「HTMLはプログラミング言語じゃない」 だから何?

 そもそもHTMLがプログラミング言語なのかどうかを決めることは、重要なのだろうか。「区別する必要がないのに『HTMLは本物のプログラミング言語かどうか』を区別したがる人が多過ぎる」。ボストン出身のシニアソフトウェアエンジニアであるネッド・バチェルダー氏はそう話す。

 バチェルダー氏によると、HTMLがプログラミング言語かどうかという議論を別の見方から繰り広げる人がいる。こう論理立てて主張する人がいるのだ。

  1. HTMLはコンピュータ言語だ
  2. コンピュータ言語は、コンピュータに何をすべきか(HTMLの場合、具体的にはWebページをどのように表示するか)を指示する
  3. だからHTMLはプログラミング言語だ

 HTMLがプログラミング言語の定義を満たすかどうかにかかわらず、ソフトウェア開発分野でのHTMLの重要性は損なわれない。HTMLを使って優れたWebサイトを制作する人々のスキルがないがしろにされることもない。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...