2022年09月12日 05時00分 公開
特集/連載

「プログラミングが苦手な人」でも学んでみたくなる“あの言語”とは?求職者が学ぶべきプログラミング言語とツール【第4回】

初心者にも習得しやすく、業務に生かしやすいプログラミング言語にはどのようなものがあるのか。プログラミング以外の選択肢はあるのか。そうした疑問に答える。

[Stephanie GlenTechTarget]

 プログラミング言語を習得するのは大変だ――。そう感じる人に対して、プログラマー向け情報サイトSavvy Programmerの創設者兼エディターであるモーシェッド・アラム氏が薦めるプログラミング言語がある。それは

  • Ruby

だ。

 Rubyは、データと操作をまとめた「オブジェクト」を基本とした「オブジェクト指向」のプログラミング言語。「Rubyは比較的習得しやすく、プログラミング初心者に適している」とアラム氏は説明する。調査会社RedMonkが発表した、2022年第1四半期(1〜3月)のプログラミング言語人気ランキングでは、Rubyは第9位にランクインしている。このランキングの順位は、ソースコード共有サービス「GitHub」における関連プロジェクト数、プログラマー向けQ&Aサイト「Stack Overflow」での関連タグ数(言及状況)を基に、RedMonkが算出した。

 「Python」もオブジェクト指向プログラミング言語であり、前述のRedMonkのランキングでは第2位に入っている。クラウドベンダーDigitalOceanが、エンジニア2598人に対してアンケート調査した結果では、Pythonは人気のプログラミング言語の第1位だった。

 「他のプログラミング言語と比較して、Pythonのソースコードは読みやすい」と、Webサイトコンサルタント企業WCAG Prosの共同設立者マット・ポスト氏は述べる。Pythonは「よく英語に似ていると言われ、初心者に最適なプログラミング言語だ」とポスト氏は説明する。

ノーコード/ローコード開発ツールがハードルを下げる

 プログラミングの世界に飛び込む別の方法は、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)を使ってアプリケーションを開発できる「ノーコード/ローコード開発」ツールを使用することだ。

 MicrosoftのPower Platformデベロッパーアドボケイトであるエイプリル・ダンナム氏は、同社の開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Build 2022」で「ノーコード/ローコード開発によってアプリケーション開発への参入障壁が低くなっている」と述べた。「Microsoft PowerPoint」「Microsoft Excel」といったオフィスツールのスキルを持つエンドユーザーが、アプリケーションを開発できるようになるということだ。

 DigitalOceanの調査によると、ノーコード/ローコード開発ツールは、コーディングよりもイノベーションに重点を置きたいと考える開発者の間で人気を博している。開発者としてのキャリアが1年未満であった回答者のうち30%が、「ノーコード/ローコード開発ツールのおかげで仕事がしやすくなった」と回答した。キャリアの初めにサポートを必要としており、高い目標を持つ開発者にとって、ノーコード/ローコード開発ツールは理想的な選択肢だと言える。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...