老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】
クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由
Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。(2024/2/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか?
メインフレームからオープンシステムへの移行など、コンピュータの常識が変わるのに合わせて「プログラミング」は絶えず変化してきた。「過去」と「現在」のプログラミングには、どのような違いがあるのか。(2024/2/22)

11個のクールな技術用語とスラング【第5回】
「#」はシャープじゃないし「@」はあれじゃない 呼称が“謎”のIT用語
IT業界の独特な技術用語やスラングは、知らないまま目にすると何を表すのか理解しづらいことがある。「モンキーテール」「バグスプラット」「オクトソープ」と呼ばれるものは、それぞれ何を指すのか。(2024/2/13)

11個のクールな技術用語とスラング【第4回】
「論理否定演算子」「シェバン」は何を指す? “あの記号”のなるほどの意味
IT業界における技術用語やスラングは、独特な響きを持っている。ソフトウェアエンジニアがよく使う専門用語の中から、「論理否定演算子」「シェバン」の意味と利用方法を説明する。(2024/2/6)

11個のクールな技術用語とスラング【第3回】
「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」とは? 知っておくと便利なIT用語
IT業界には幾つもの独特な技術用語やスラングがある。プログラミングにおいて、「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」はどのような場合に用いることができるのか。(2024/1/30)

ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第1回】
「ローコード開発」にやってくる幻滅期 “悲しい末路”を避けるには?
開発者の人材不足に対処する方法として、企業はローコード/ノーコード開発に期待を寄せている。ただしローコード/ノーコード開発ツールを使う際は、幾つかのリスクに注意を払わなければいけない。それは何か。(2024/1/23)

11個のクールな技術用語とスラング【第2回】
「Null条件演算子」「エルビス演算子」とは? IT用語になぜエルビス?
IT業界の技術用語やスラングは独特だ。「Null条件演算子」「エルビス演算子」はどのような演算子を指し、どのような場合に用いることができるのかを解説する。(2024/1/23)

11個のクールな技術用語とスラング【第1回】
「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは? “謎のIT用語”の正体
さまざまな独特の用語であふれているIT業界。その用語のうち「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは何かを解説する。(2024/1/16)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
「sudo」は須藤とは読まない JavaでもCでもない「初心者が学ぶべき言語」は?
「システム開発」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

C++からの移行先になる?【後編】
プログラミング言語「Carbon」がC++ともRustとも違う点はこれだ
「Carbon」は、「C++」の特徴を受け継ぐプログラミング言語として開発されており、「Rust」とも対比されることがある。Carbonは「C++」や「Rust」とは何が違うのか。(2023/12/13)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【後編】
学歴不問「スキルベース採用」がIT人材にも企業にもうれしい訳
コロナ禍を契機に加速したIT人材の売り手市場。高度なスキルを持つ人材の獲得に一石を投じるのが「スキルベースの採用」だ。企業の採用担当者はこの採用手法をどう見るのか。(2023/11/28)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【前編】
転職IT人材は「スキルだけ」が大事、“あれ”はもう誰も気にしていない?
IT人材の“売り手市場”が続く見通しの中で、高度なスキルを持つ人材に長く勤めてもらうために企業はどのような対策を取るべきなのか。Gartnerアナリストの見方から探る。(2023/11/22)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【後編】
エンジニア目指すなら「ネットワーク」「ソフトウェア」のどっち 年収の差は?
同じエンジニアでも、ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアは求められるスキルセットが変わってくる。勤務時間や収入、資格も違う。(2023/11/21)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【中編】
「ネットワークエンジニア」「ソフトウェアエンジニア」の基礎スキルの違い
ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアは、同じITエンジニアであってもさまざまな領域で異なる。求められるスキルセットの違いを解説する(2023/11/14)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【前編】
「ネットワークエンジニア」と「ソフトウェアエンジニア」とはどんな仕事?
ITエンジニアを目指す時に、ネットワークエンジニアになるかソフトウェアエンジニアになるかを選ぶ必要がある。両者の違いを解説する。(2023/11/8)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第23回】
英国のITの礎を築き、女性プログラマーの飛躍に貢献――称賛すべき女性の活躍
英Computer Weeklyは、英国のIT業界で活躍する女性を2012年から表彰している。表彰者の中で殿堂入りを果たした人物の、称賛に値する活動を紹介する。(2023/10/31)

プログラミングのこれまでとこれから【第4回】
大人気になるプログラマーやエンジニア職「10選」はこれだ
世界的な不況が起きても、プログラマーやエンジニアなど技術職の雇用市場は活況だ。その中でもこれから特に需要が高まり、“引く手あまた”になる職種「10選」と、その仕事を紹介する。(2023/10/30)

プログラミングのこれまでとこれから【第3回】
人気のプログラミング言語「7種」の特徴とそれぞれの違い
プログラミング言語にはどのような種類があり、それぞれどのような特徴や歴史を持つのか。7つの主要プログラミング言語とその基礎知識を紹介する。(2023/10/23)

プログラミングのこれまでとこれから【第2回】
今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか? 新時代をもたらす劇的変化
プログラミングは半世紀以上を経る中で、どのように変わってきたのか。プログラミングの高速化に追い付くために知っておくべき手段とは。(2023/10/16)

プログラミングのこれまでとこれから【第1回】
不況でも稼げるプログラマーが知っている「プログラミング」の基本はこれだ
プログラマーの雇用市場は活況を呈している。雇用市場の概況から特に需要のある分野を見つつ、プログラミングの基礎知識をおさらいする。(2023/10/11)

開発や運用における「生成AI」の実力【第2回】
“生成AIが仕事を奪う”なんて話より大事な「IaC」や「SRE」に何が起きるのか
人間の仕事は生成AIに置き換わるのではないかという懸念が広がっている。生成AIは開発者や運用担当者の仕事をどう変える可能性があるのか。(2023/9/29)

生成AIはエンジニアの職を奪うのか【第5回】
生成AIと歩む「未来のエンジニア」の“あるべき姿”とは?
ソフトウェア開発において生成AIの活用が進む一方、「AIに職を奪われる」ことを不安視する向きもある。しかしそれは正しい考えだとは言い難い。IT業界は生成AIとどう付き合っていくべきなのか。(2023/9/12)

生成AIはエンジニアの職を奪うのか【第4回】
生成AIで「職をなくす人」と「むしろ活躍するエンジニア」の微妙な違い
ソフトウェア開発において、生成AIはさまざまなタスクを遂行可能だ。こうした状況から、「AIに職を奪われる」と懸念する人がいる。その真偽について、実際の業務を例に挙げながら考える。(2023/9/10)

生成AIはエンジニアの職を奪うのか【第3回】
「生成AI」を賢く使うための5つの助言――まず行動すべし
ソフトウェア開発において、「ChatGPT」などの生成AIはさまざまなタスクを遂行できると期待されている。一方で生成AIには幾つかのリスクがある。生成AIを使う上で把握しておくべき5つのポイントとは。(2023/9/7)

生成AIはエンジニアの職を奪うのか【第2回】
“アジャイルの常識”さえ覆す「生成AI」はソフトウェア開発をどこまで変えるか?
「ChatGPT」などの生成AIは、ソフトウェア開発における一部の業務を代行できる。これはエンジニアの助けになる一方で、「AIが人の仕事を奪う」という不安を生む。その見方が正しいかどうかをChatGPTに聞いた。(2023/9/5)

生成AIはエンジニアの職を奪うのか【第1回】
「AIがエンジニアの職を奪う」は本当か? あえてChatGPTに聞いてみた
「ChatGPT」などの生成AIツールは、ソフトウェア開発における一部の業務を担える。これはエンジニアの助けになる一方で、「AIが人の仕事を奪う」という不安を生む。その見方が正しいかどうかをChatGPTに聞いた。(2023/9/2)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
「駄目なコメント」をソースコードに残さない方法
ソースコードの理解を助けるために残したはずのコメントが、本来の役割を果たさないことがある。悪いコメントの条件とは何か。良いコメントを書くには、何に気を付ければよいのか。実例と共に解説する。(2023/9/1)

大学CIOが取り組む教育機関のDX【第1回】
転職先はまさかの赤字状態 期待のCIO「異色のキャリア」とは?
赤字を発表しつつもIT投資の勢いが衰えない大学がある。この大学でITチームを率いるCIOは異色のキャリアを積んできた。(2023/8/24)

Computer Weekly日本語版+セレクション
コーディングだけの無口なプログラマーはもういらない
ソフトウェア開発者として活躍するには、どのようなスキルが必要なのか。女性プログラマーの経験を基に、プログラマーの活躍に欠かせないスキルや、女性のプログラマーを増やす方法を説明する。(2023/8/22)

エンジニアの「テレワークで燃え尽き症候群」を防ぐ方法【後編】
「テレワークのせいでやる気をなくすエンジニア」を生まない“議論”の大切さ
テレワークをするソフトウェアエンジニアが燃え尽き症候群になることは珍しくない。そうした事態を防ぐための有力な手段が「議論」の場を設けることだという。それはなぜなのか。(2023/8/4)

エンジニアの「テレワークで燃え尽き症候群」を防ぐ方法【中編】
「テレワークだとやる気が出ないエンジニア」こそ“新しい何か”を学ぶべし
燃え尽き症候群は、誰にも起こり得る深刻な問題だ。テレワークをするソフトウェアエンジニアが燃え尽き症候群に陥るのを防ぐには、どうすればよいのか。具体策を紹介しよう。(2023/7/28)

エンジニアの「テレワークで燃え尽き症候群」を防ぐ方法【前編】
「テレワークのせいでやる気をなくすエンジニア」が示す“5つの兆候”
テレワークをするソフトウェアエンジニアが燃え尽き症候群に陥ることは、決して珍しくない。燃え尽き症候群の症状が顕在化する前には、“ある兆候“が現れることがある。どのような兆候なのか。原因は。(2023/7/21)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第5回】
プログラマーが「駄目なコメント」をソースコードに残さないための5カ条
読んだ人がソースコードを素早く理解しやすくなる「良いコメント」には、幾つかの要件がある。プログラマーが押さえるべき、良いコメントを書くための要件5つを紹介する。(2023/7/9)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第4回】
Pythonソースコードの実例で分かる「本当に良いコメント」の書き方とは?
ソースコードに対する理解を補助するのが、適切なコメントだ。コメントを書くためにプログラマーが理解しておくべき原則を、実例とともに解説する。(2023/7/2)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第3回】
「良いコメント」って結局何? 「悪いコメント」に隠れた“深刻な問題”とは?
プログラマーが書くコメントの良しあしは、自分だけではなく、他のプログラマーの生産性にも影響を及ぼす。「良いコメント」とはどのようなものなのか。「悪いコメント」はなぜ駄目なのか。(2023/6/25)

「生成AI」は教育をどう変えるのか【第4回】
生成AIの“危ない使い方”を防ぐ「学校向けサポートパッケージ」の中身
「生成AIツール」はまだ新しく、利用のベストプラクティスが確立されているわけではない。こうした中、英国教育省は教育機関における生成AIツール利用を支援すべく、ある取り組みを始めた。その具体的な内容は。(2023/6/23)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第7回】
「数学ができないとエンジニアにはなれない」は本当に本当なのか
エンジニアの間でいかにも真実かのように語られることが、実際には誤りであることは珍しくない。こうした“神話”の中に「エンジニアには数学の知識が必要だ」というものがある。なぜ間違いだと言えるのか。(2023/6/23)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第2回】
Pythonのソースコードで考える「こんなコメントは無駄なだけで無意味」
「コメント」は、ソースコードを読むだけでは分かりづらい情報を補足するのに役立つ。ただし書き方によっては、コメントはほとんど有益な情報を生み出さなくなってしまう。それはどのようなコメントなのか。(2023/6/18)

「生成AI」は教育をどう変えるのか【第3回】
学校が本気で悩む「ChatGPTにやらせた宿題をどう評価するか問題」
「生成AI」ツールが教育に及ぼす影響で無視できないのが、宿題などの家庭学習への影響だ。教員の目が届きにくい家庭学習で、学習者が生成AIツールを適切に活用できるようにするには、何が必要なのか。(2023/6/16)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第6回】
「ChatGPTがエンジニアの職を奪う」わけがない“なるほどの理由”
「ChatGPT」をはじめとする、ソースコードを自動生成するAIツールの台頭は、ソフトウェア開発に携わるエンジニアの職を脅かしかねない――。こうした見方は正しいのか。それとも単なる“神話”にすぎないのか。(2023/6/16)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第1回】
「コメント」の“本当の意味”を誤解していないか?
ソースコードにおいて「コメント」は重要だ。ところが内容や意図が分からないコメントはよくある。書き方によっては、自分が書いたコメントさえ“判読不能”になることも。そもそもコメントとは何のためにあるのか。(2023/6/10)

「生成AI」は教育をどう変えるのか【第2回】
学校が今からでも知っておくべき「生成AI」の“これだけのリスク”
教育機関は「生成AIツール」を生かすことで、校務における負担軽減といった効果が期待できる。ただし懸念はゼロではない。教育機関は生成AIツールの活用を進める上で、どのような点に注意すればよいのか。(2023/6/9)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第5回】
「アジャイルならドキュメントを残さなくてOK」が根本的に間違っている理由
ソフトウェア開発を効率的に進めるための手法として「アジャイル」型開発が浸透している。一方で「正しいアジャイル型開発」に関する誤解が存在することも事実だ。何がどう間違っているのか。(2023/6/9)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第6回】
初心者エンジニアはいくら自信がなくても“お誘い”を断ってはいけない
ソフトウェア開発分野で成功することを望むのであれば、積極性が重要だ。初心者がソフトウェアエンジニアとして成功するために「してはいけないこと」と、成功を勝ち取る機会を生むこつとは。(2023/6/5)

「生成AI」は教育をどう変えるのか【第1回】
“ChatGPT禁止”はただの思考停止 学校は「生成AI」とちゃんと向き合うべし
急速に利用を広げる「生成AI」ツールは、教育機関に「課題も機会ももたらす」と英国教育省は指摘する。課題を懸念して単に使用禁止にするのは賢い判断ではない。課題に対処し、機会を生かすにはどうすればよいのか。(2023/6/3)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第4回】
“プログラミング言語なんてどれも同じ”論者もうなずく「言語の違い一覧」
世の中には数々のプログラミング言語が存在する。それらに対して「どのプログラミング言語も同じだ」と主張する人がいるが、実際はそうではない。プログラミング言語は何が違うのかを分類に沿って解説する。(2023/6/2)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第5回】
初心者でも就活で“無双”するための「エンジニアが取るべき認定資格」はこれだ
初心者がソフトウェアエンジニアとしての成功を目指すには、まずはソフトウェアエンジニアとして勤務することが大切だ。就職活動で自身のスキルをアピールするために、何をすればよいのか。やるべきことは2つある。(2023/5/29)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第3回】
「プログラミングはつまらない」説を論破する“納得の根拠”はこれだ
プログラミングを「つまらない」「クリエイティブではない」と考える人がいる。そうした考えは正しいのか。単なる“神話”だとすれば、実際のところはどうなのか。(2023/5/26)

初心者がソフトウェアエンジニアになれる5つのステップ【第4回】
初心者エンジニアが“成功できる専門分野”を選ぶ「判断基準」はこれだ
多岐にわたるソフトウェア開発の専門分野の中から、自分が向いている分野を選ぶことは簡単ではない。初心者のソフトウェアエンジニアが、適切な専門分野を選ぶためのヒントを紹介する。(2023/5/22)

ソフトウェア開発にまつわる10個の神話【第2回】
「OSSはソース丸見えだから危険」が実は“間違い”なのはなぜ?
ソフトウェア開発業界にはびこる“神話”のうち、オープンソースソフトウェア(OSS)に関するものが幾つかある。特に根強いのが、OSSの安全性や開発主体に関する神話だ。どのような神話なのか。(2023/5/19)