「論理否定演算子」「シェバン」は何を指す? “あの記号”のなるほどの意味11個のクールな技術用語とスラング【第4回】

IT業界における技術用語やスラングは、独特な響きを持っている。ソフトウェアエンジニアがよく使う専門用語の中から、「論理否定演算子」「シェバン」の意味と利用方法を説明する。

2024年02月06日 05時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

関連キーワード

プログラマー | プログラミング


 IT業界にあるさまざまな記号や用語、文字の組み合わせには、ソフトウェアエンジニアが付けた独特の名前がある。そうした技術用語とスラング11個のうち、本稿は7つ目と8つ目を解説する。

用語7.論理否定演算子

 感嘆符(!)はプログラミングや「UNIX」ベースのOSのシステム管理で使用されている。ただしいつも感嘆符やエクスクラメーションマークと呼ばれているわけではなく、「バン」と呼ばれることもある。

 真偽値を反転させる「論理否定演算子」が、プログラミングにおける感嘆符の役割だ。ある真偽値を反転させたい場合は、その前に感嘆符を付けるとよい。

boolean flag = true;
boolean falseFlag = !flag;

用語8.シェバン

 UNIXでは、スクリプト(簡易プログラム)ファイルの1行目にある「#!」を「シェバン」と呼ぶ。ハッシュ記号と感嘆符、つまりバンと呼ばれる論理否定演算子から始まる。#!の組み合わせは「シェバン」(「シバン」とも)と呼ばれる。

 「#」記号はハッシュ(hash)と呼ばれることがある。そのため#!は「ハッシュバン」(hash-bang)と呼ばれることもある。hashという言葉から「ha」の音が抜けて、「sh-bang」という言葉が残る。やがてシェバン(shebang)に変化した。


 次回は、9〜11つ目の用語を紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。