「PromptAppGPT」「PromptSource」で生成AIのプロンプトはどう変わるのかプロンプトエンジニアリングツール7選【中編】

LLM(大規模言語モデル)をベースにしたチャットbotからより良い回答を得るには、より良いプロンプトが必要だ。そのために活用できる「プロンプトエンジニアリングツール」のうち2つを取り上げる。

2024年02月20日 05時00分 公開
[Emily FosterTechTarget]

関連キーワード

人工知能


 AI(人工知能)技術が急速に実用化する中で、テキストや画像などを自動生成するAI技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)を使いこなすことが重要になりつつある。そのためには、適切なプロンプト(情報生成のための質問や指示)を作成できるようになることが望ましい。エンドユーザーの要望に沿った回答を得るための、より良いプロンプトを作成する設計プロセスを「プロンプトエンジニアリング」と呼ぶ。7つのプロンプトエンジニアリングツールを紹介する本連載において、本稿は3つ目と4つ目を紹介する。

ツール3.PromptAppGPT

 レオ・キング氏が公開している「PromptAppGPT」は、言語モデルを使ったアプリケーションを開発するための、ローコード(ソースコードをほとんど書かない開発手法)プロンプトアプリケーション開発ツールだ。LLMの「GPT」(Generative Pre-trained Transformer)を使って稼働しており、以下の機能を備える。

  • GPTによるテキスト生成
  • 画像生成AI「DALL・E」による画像生成
  • 自動UI(ユーザーインタフェース)作成
  • プラグインによる機能拡張

 エンドユーザーはPromptAppGPTを使うことで、OpenAIの「ChatGPT」を組み込んだ自然言語アプリケーション、つまり自然言語による対話型アプリケーションの開発が可能になる。こうした自然言語アプリケーションの例には、LLMの「GPT-4」をベースにしたエージェント(自律プログラム)「Auto-GPT」がある。Webページ検索、画像検索、インターネットのクロール(巡回)、スクリプト(簡易プログラム)言語「JavaScript」で記述されたスクリプトの実行といった機能を、アプリケーションに搭載可能だ。

 PromptAppGPTは、ソースコード共有サービス「GitHub」から無償で入手できる。

ツール4.PromptSource

 LLMを研究するワークショップであるBigScience Projectは、自然言語のプロンプトを作成、共有、使用するためのツールキット「PromptSource」を提供している。PromptSourceは約2000個の英文のプロンプトコレクションをデータセットとして有しており、これらのプロンプトはPromptSourceのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を通じて利用可能だ。GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)ベースのWebページでも使うことができ、プロンプトを作成、確認できる。PromptSourceのテンプレートは、テンプレートエンジン(静的な要素と変数を組み合わせて動的な要素を生成するツール)「Jinja」で作成されている。

 PromptSourceはGitHubから無償で入手可能だ。


 次回は、5〜7つ目のツールを紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。