TechTarget発 世界のITニュース
Windows脆弱性「PrintNightmare」に緊急パッチ提供 Microsoftはなぜ急いだのか
Windowsの印刷関連の脆弱性「PrintNightmare」に対処すべく、Microsoftは定例外のスケジュールでパッチを提供した。なぜMicrosoftはパッチ提供を急いだのか。パッチをすぐに適用できない場合の対処法とは。(2021/7/30)

「仮想マシン」を自宅で動かすための製品選定ガイド【前編】
仮想マシン(VM)を自宅で動かすには「物理サーバ」は必要? それとも不要?
自宅にVMを構築することで、テレワーク中でも新しいアプリケーションを試したり、サーバ仮想化技術の勉強をしたりできる。自宅でVMを構築するときの注意点と、サーバの選び方を説明する。(2021/7/30)

データ仮想化ツールの機能と主要5製品【中編】
「Actifio Sky」「Denodo Platform」とは? データ仮想化の主要ツールを比較
さまざまなデータを活用する際に有用な「データ仮想化」ツールには、どのような選択肢があるのか。主要なデータ仮想化ツールのうち「Actifio Sky」「Denodo Platform」を取り上げる。(2021/7/30)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/9)

「Windows Server 2012の延長サポート終了」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/29)

「MDR」を理解する【後編】
「MEDR」「MNDR」「MXDR」とは? MDRの主要3タイプを比較
脅威検出やインシデント対処に役立つマネージドサービスが「MDR」だ。MDRは大きく「MEDR」「MNDR」「MXDR」の3種に分けられる。それぞれは何が違うのか。何に着目して選定すればよいのか。(2021/7/27)

ネットワーク帯域幅の求め方【前編】
「帯域幅」と「スループット」を混同してはいけない“納得の理由”
ネットワークをスムーズに運用するためには、帯域幅の要件を計算できるようにすることが重要だ。計算をする前に知っておくべき帯域幅やスループットの基本を理解しておこう。(2021/7/27)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第4回】
「クラウドテスト」「ホストベーステスト」とは? 何を実行するのか
侵入テストに関する比較的新しい用語に「クラウドテスト」「ホストベーステスト」がある。それぞれ何を対象とした、どのような侵入テストなのか。基本的な事項を解説する。(2021/7/23)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【後編】
リモート印刷を失敗させる「ファイアウォール」の“駄目な設定”とは
「リモート印刷」が失敗する場合、幾つかのトラブルシューティングを試すことで問題を解消できる可能性がある。VPNクライアントやファイアウォールの設定を確認する手順を紹介する。(2021/7/23)

「SSH」を安全に利用する【後編】
リモートアクセスを安全にする「SSHサーバ」のリスクアセスメント手順は?
SSHでリモートアクセスを保護したい企業は、リスクアセスメントによってSSHのセキュリティ問題を把握し、適切に対処する必要がある。具体的に何をすればよいのか。(2021/7/20)

ネットワークの重点投資分野【後編】
ネットワーク投資で「5G」「スマートNIC」「SD-WAN」に着目すべき理由
ネットワークの注目すべき投資分野として、専門家は「5G」や「スマートNIC」「SD-WAN」などを挙げる。その理由を紹介する。(2021/7/14)

「セルフサービスツール」を改善する方法【中編】
セルフサービスツールの「不適切なインフラ」「時代遅れの情報」をどうなくすか
製品購入を促す手段となり得る「セルフサービスツール」を改善しようとした場合、重視すべき点は幾つかある。それは何なのか。「インフラ」と「情報」という2つの側面から改善策を探る。(2021/7/13)

AI時代を支えるNVIDIA【中編】
NVIDIAがHPC市場に投入するDPU「BlueField」の役割 SmartNICとは違うのか?
GPUベンダーとしての確固たる地位を築いてきたNVIDIAが、AI技術分野での存在感を高めている。同社がAI処理などを担うサーバ向けの新たなアクセラレータとして提供するのが「DPU」だ。(2021/7/29)

「ローカル5G」活用の可能性を探る【中編】
「ローカル5G」の導入障壁は「5G」の“RANオープン化”で下がるのか?
「ローカル5G」は一般的な企業にはまだなじみのないIT領域だ。ただし基地局を構成するインタフェースのオープン化によって、ローカル5G導入がより身近になってくる可能性がある。(2021/7/23)

「Amazon VPC」と「Azure VNet」の違い【第4回】
「Azure VNet」の主な用途とは? 「Amazon VPC」との比較ポイントは
仮想ネットワークサービス「Azure VNet」には、どのような用途があるのか。競合サービスである「Amazon VPC」と比較するときに検討すべきポイントとは。(2021/7/12)

TechTarget発 世界のITニュース
Googleが3つのデータ分析支援ツールを発表 分析プロセスの何を変えるのか?
Googleは同社のクラウドサービス群「Google Cloud Platform」で利用できる3つのデータ分析関連ツールを発表した。その詳細は。(2021/7/9)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【前編】
VPN経由の「リモート印刷」ができない原因を特定する方法
VPNを介したリモート印刷が正常に機能しないことがある。この場合、トラブルシューティングのためにどのような点を確認すればいいのだろうか。最初に確認すべき2つのポイントを紹介する。(2021/7/8)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」のまさかの被害者 バックアップ企業が負った痛手とは?
システムを保護することを専門とするベンダーも、サイバー攻撃の被害に遭うことがある。バックアップ用ストレージベンダーのExaGridがランサムウェアに感染し、260万ドルの身代金を支払った。(2021/7/8)

オープンソースには悪影響
クラウドプロバイダーのOSS利用をユーザーはどう見ているのか
パブリッククラウドによるOSSのサービス提供は、OSS企業独自の制限ライセンスの適用を招いた。この現状はさまざまな弊害を生んでいるが、ユーザーはこれをどう見ているのだろうか。(2021/7/8)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

「SSH」を安全に利用する【前編】
安全なはずの「SSH」が抱える6大セキュリティ問題とは? 危険性と対策は
「SSH」は安全なリモートアクセスを確立するために不可欠な通信プロトコルだ。一方でSSHには、攻撃者に狙われる可能性がある幾つかのセキュリティ問題があるという。それは何なのか。(2021/7/6)

「ローカル5G」活用の可能性を探る【前編】
無線LANと根本的に違う「ローカル5G」 その差を埋めるO-RANの役割
企業にとって「ローカル5G」は新たなIT領域だ。無線LANのような広く使われてきたネットワークとは根本的に異なる。活用に向けた道筋を探る。(2021/7/20)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウドサービスを比較【後編】
「Azure Stack」「Azure Arc」とは? Microsoftのハイブリッドクラウド製品
Microsoftは「Microsoft Azure」のサービス群を複数のインフラで実行できるようにするために、「Azure Stack」と「Azure Arc」を提供する。これらはそれぞれ何に役立つのか。(2021/7/6)

「入り口だけ防御」はなぜ危険なのか
デバイス保護だけでは不十分? 「防御壁の内側」に広がる攻撃リスクとは?
サイバー攻撃手法が巧妙化する中、企業にとってデバイスに加えサーバのセキュリティ対策も重要になっている。デバイス保護と比べてサーバ保護にはどのような課題があり、どうすれば負荷の少ないセキュリティ運用を実現できるのか。(2021/7/2)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【後編】
“アラート疲れ”を解消する方法とは? ネットワーク運用のプロに聞く
企業は、さまざまなログの収集と分析に追われている。ログ収集・分析作業を効率化するヒントや注意すべき点とはどのようなものか。(2021/7/1)

AI時代を支えるNVIDIA【前編】
GPUベンダーから“AIの会社”に変貌 NVIDIAの歴史とこれから
GPU市場を深耕してきたNVIDIAは、AI技術分野で勢力を拡大しようとしている。同社がGPUの用途を開拓してきた歴史を振り返るとともに、今後の方向性を考える。(2021/7/6)

運用開始後に起きるトラブルをどう防ぐか
「マスターOS」がVDI/DaaS活用の成否を分ける――成功のためのポイントとは
働く環境や場所の制約を受けない働き方を実現するために注目が集まるVDI/DaaS。だが、理解が浅いまま進めてしまうと運用開始後のトラブルにつながるリスクがあるという。一体どうすればよいのか。(2021/6/29)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【中編】
身代金は払わない ランサムウェア被害のCIOが安心した「バックアップ」の効果
米カリフォルニア州のユバ郡がランサムウェア攻撃から迅速に復旧できた背景には、バックアップ製品の活用があった。同郡はバックアップ製品を使ってどう備え、どう攻撃に対処したのか。(2021/6/30)

ヒートアップするチップ開発競争【後編】
IBMはなぜ「2ナノ」半導体チップを開発したのか?
IBMは半導体分野の研究開発成果を収益化することに関して積極的ではなかった。2ナノプロセスの半導体チップの開発で、その姿勢は変わる可能性がある。IBMはこの新技術を事業にどう生かそうとしているのだろうか。(2021/6/30)

次世代ファイルサーバのあるべき姿とは
増大する「非構造化データ」を安全に管理する、次世代ファイルサーバの選定法
ビジネスに利用するデータの多様化と大容量化が進んでいる。動画や音声、写真といった「非構造化データ」をファイルサーバで安全かつ効率的に管理して業務に生かす体制を作りたい企業に必要なものとは。(2021/6/28)

「サーバの利活用と投資」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/1)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
サーバ停止時の謝り方からJavaプロが「COBOL」を学ぶ訳まで 新規会員の注目は
「経営とIT」や「システム開発」「データ分析」などに関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
「GPUとCPUの違い」から「SSDの駄目な使い方」まで 新規会員が注目した話題は
「サーバ&ストレージ」「ネットワーク」「クラウド」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」の攻撃が欧米で多発 FBIがセキュリティ警告
ランサムウェア「Conti」の攻撃が相次ぎ、米国や欧州の医療機関を中心に被害が広がっている。FBIも目を光らせるこれらの攻撃はどのような手口を使っているのか。(2021/6/26)

IT運用チームと「NoOps」【前編】
Netflixに学ぶ「NoOps」が目指すべき姿とは?
「NoOps」の目標は運用をなくすことではなく、運用のプロセスを改善することにある。NoOpsとは具体的に何を意味するのか、具体例を交えて紹介する。(2021/6/25)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【中編】
「AWS Outposts」の機能と注意点とは? AWSのクラウドアプライアンス
AWSのアプライアンス「AWS Outposts」は、AWSサービスをオンプレミスインフラで実行する。AWS Outpostsで実行できるAWSサービスとは何か。「VMware Cloud on AWS Outpost」との違いや、利用時の注意点は。(2021/6/23)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【前編】
ランサムウェア被害のCIOが明かす「わが郡はランサムウェアにこう攻撃された」
ランサムウェア攻撃を受けた米カリフォルニア州のユバ郡。同郡はランサムウェアに何がどう攻撃されたのか。同郡のCIOがつまびらかにする。(2021/6/23)

ヒートアップするチップ開発競争【前編】
IBMが開発した「2ナノ」半導体チップとは サーバの処理性能を高速化
IBMは半導体の研究開発の成果として、2ナノプロセスの半導体チップを公開した。この実用化は、同社のサーバやメインフレームにどのような影響を与えるのか。(2021/6/22)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【後編】
「コンテナ」は「サーバ仮想化」と何が違うのか? どちらを選べばよいのか
ワークロード実行環境として「コンテナ」の採用が広がりつつある。コンテナとサーバ仮想化の違いは何か。どちらの技術を採用すべきかを考えるときのポイントとは。(2021/6/18)

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウド製品群を比較【前編】
Google「Anthos」とは? マルチクラウドでKubernetesコンテナを実行
GoogleとAWS、Microsoftは、自社のクラウドサービスの機能を複数のクラウドサービスまたはオンプレミスのインフラで実行するための製品群を提供する。その中から、Googleの「Anthos」を説明する。(2021/6/16)

攻撃の成否を分ける2つの要素も紹介
ランサムウェア攻撃者はなぜ「オンラインストレージ」を狙う? 理由と対策は
ランサムウェア攻撃は進化を遂げ、オンラインストレージを標的にするようになった。そうしたランサムウェア攻撃が成功すれば、大きな被害をもたらしかねない。何に注意すれば被害を防ぐことができるのか。(2021/6/14)

テレワーク全盛時代になぜタワー型サーバ?
「今どきのタワー型サーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にNintendo Switch Lite(1台)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/9)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【前編】
タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーとは? 完全仮想化と準仮想化の違いは?
「サーバ仮想化」と一口に言っても、それを実現する技術はさまざまだ。「タイプ1ハイパーバイザー」「タイプ2ハイパーバイザー」の違いと、「完全仮想化」「準仮想化」の違いを整理しよう。(2021/6/11)

IT関連契約を見直すヒント【後編】
アウトソーシング契約を見直す際に忘れてはいけない「セキュリティ」要件とは?
テレワークが拡大する中、アウトソーシング先ベンダーとの付き合い方が変わり始めている。変化に追従し、安心してアウトソーシングを継続するためには契約の見直しが必要だ。どう見直せばよいのか。(2021/6/10)

「Amazon WorkSpaces」の活用事例
「Amazon WorkSpaces」でセキュアなテレワークを実現する方法
セキュアかつ短期間にテレワークへのシフトを実現する方法の一つとして、DaaS(Desktop as a Service)がある。国内企業の「Amazon WorkSpaces」導入事例を通して、DaaSをテレワークに活用するための具体的な方法を説明する。(2021/6/11)

「ハイブリッドワーク」時代のデバイス管理方法
「デバイス管理のサイロ化」という落とし穴 UEM製品を見極める7つの視点とは
テレワークとオフィスワークが混在する職場のデバイス管理において課題になりがちなのが、スマートフォンや「Windows 10」を搭載したノートPCなど多種多様なモバイルデバイスの管理だ。社内外のデバイスを一元管理する効率的な方法は。(2021/6/8)

クラウドの手軽さとオンプレミスの安心を両立
「オンプレかクラウドか」はもう古い――プロが解説する第三の選択肢
ITインフラの導入は、オンプレミスかクラウドかという二者択一でなく第三の道が必要だ。オンプレミスの信頼性を持ちながら初期投資を抑えて柔軟に拡張でき、月額固定や従量課金制でコストを最適化し、シンプルに運用できるITインフラとは。(2021/6/30)

「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【後編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)に満足できない企業が選ぶ“代替策”とは?
「Windows Virtual Desktop」(WVD)はエンドユーザーが簡単に「Windows」の仮想デスクトップにアクセスできるようになるといったメリットがあるが、短所も幾つかある。WVDの利用に適していない企業の特徴を説明する。(2021/6/8)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
コスパ重視で逆にコストが増大? 事例で学ぶストレージ選びの落とし穴と回避策
コストはストレージ選定のポイントの1つだが、それのみに着目すると思わぬ落とし穴に陥る場合もある。物理サーバやストレージのダウンタイムを解消すべくストレージを刷新したABC Photosignsの事例を基に、IT資産を合理化する秘訣を探る。(2021/6/7)