AzureもGCPもオンプレミスも使う「ウォルマートのハイブリッドクラウド」とは?Walmartのハイブリッドクラウドを深堀り【前編】

Walmartは「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」とオンプレミス型プライベートクラウドによるハイブリッドクラウドを構築した。コスト削減が狙えるという、同社のハイブリッドクラウドの中身とは。

2022年08月26日 05時00分 公開
[Antone GonsalvesTechTarget]

 IaaS(Infrastructure as a Service)でワークロード(アプリケーション)を実行するには、当然ながらクラウドベンダーにIaaSの料金を支払う必要がある。IaaSへの依存度が高まれば、料金は高額になりがちだ。米国に本部を置くスーパーマーケットチェーンのWalmart(ウォルマート)も、この課題に直面した。

 ワークロードのインフラとして単一ベンダーのクラウドサービスに依存すると、複数種類のクラウドでワークロードを実行する選択肢がある場合と比べて、コストが増大する可能性が高まる――。これが、Walmartが出した結論だ。

「あのWalmartのハイブリッドクラウド」の気になる中身

 「どのような規模の企業でも『複数の選択肢を持つ』ことがコスト管理に役立つ」。Walmartでインフラサービス担当バイスプレジデントを務めるケビン・エバンス氏はこう言う。

 Walmartは、クラウドサービスとオンプレミス型プライベートクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドを運用している。具体的にはクラウドサービス群であるMicrosoftの「Microsoft Azure」とGoogleの「Google Cloud Platform」(GCP)、オンプレミス型プライベートクラウドを横断してワークロードを実行できるようにした。これを可能にしたのが、ハイブリッドクラウド構築システムの「Walmart Cloud Native Platform」(WCNP)だ。WCNPはコンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」を基に、2020年にWalmartが構築した。

 AzureとGCPには、人工知能(AI)技術のクラウドサービスが幾つかある。WalmartはAIアプリケーションの開発コストの削減や開発期間の短縮のために、一から内製するのではなく、可能な限りクラウドサービスを用いる方針を選択している。

 WCNPにより、Walmartはサーバやストレージ、ネットワークのリソースをより低コストで開発者に提供しやすくなった。「WCNPを利用することで、単一ベンダーのクラウドサービスだけを利用するよりも、低コストでワークロードを実行できる」とエバンス氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...