AmazonにWalmart――コロナ禍の“勝ち組小売り”は何をした? Accentureに聞くサプライチェーンの再考が成功の鍵

小売業者はサプライチェーンを成長要因として再考することで、パンデミックに伴う消費者行動の変化に対処している。具体的に何をしているのか。Accentureの調査結果と幾つかの事例を基に探る。

2021年02月04日 05時00分 公開
[John MooreTechTarget]

関連キーワード

Amazon


 コンサルティング会社Accentureのマーケティング支援部門であるAccenture Interactiveは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による買い物形態の変容により、小売業者に新たなコストが発生していると指摘する。マーケティングや商品の梱包(こんぽう)、配送、カスタマーサービス、返品処理、補充が全て追加コストの原因になっているという。

AmazonやWalmart、PepsiCoはどうしたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...