テレワーク推進で社員のやる気を引き出せる企業、信頼を失う企業の違いコロナ共存時代のテレワーク動向【後編】

テレワークによって恩恵を受ける従業員は少なくない。だが今後の企業の打ち手によっては、従業員と経営者との信頼関係にひびを入れる可能性すらある。

2021年02月03日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション


 前編「『Zoom普及でオフィス勤務消滅』があり得ない“これだけの根拠”」は技術見本市「CES 2021」での講演内容を基に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が落ち着いた後のテレワーク継続の可能性を探った。後編は企業のテレワーク推進と従業員のモチベーションとの関係性を解説する。

「監視」で崩れる従業員との信頼関係

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...