2021年02月05日 10時00分 公開
ニュース

「Web面接」「応募者エクスペリエンス」とは? 人材採用の必修キーワードコロナ禍の人材採用7大トレンド【前編】

コロナ禍での働き方の変化は、人事部門の採用活動にも大きな影響を与えた。こうした変化の中で人事部門が注目すべきトレンドとは何か。主要なトレンドの中から「Web面接」「応募者エクスペリエンス」を紹介する。

[Luke Marson,TechTarget]

関連キーワード

人事


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が人事部門の業務に多大な影響を与える中、人事部門の活動を支援する技術に新たなトレンドが生まれている。本連載は前編、中編、後編の3回に分けて、2021年の採用戦略に大きな影響を与える7つのトレンドを紹介する。

トレンド1 .Web面接

 人材採用の分野で浮上しているトレンドの一つは「Web面接」だ。COVID-19のパンデミック(世界的大流行)によって応募者が面接のために飛行機で長距離移動したり、採用担当者と対面で面接したりすることが難しくなった。そのためリモートでの採用面接を可能にするWeb面接が必要になった。

 Web面接では、企業はZoom Video Communicationsの「Zoom」やMicrosoftの「Microsoft Teams」、Cisco Systemsの「Cisco Webex Meetings」をはじめとする汎用(はんよう)的なWeb会議ツール、またはHireVueの同名サービスのような面接用のWeb会議ツールを利用することが一般的だ。これらのツールを使うことで採用担当者と応募者は、対面の場合と同様に面接に参加できる。

 パンデミックの渦中において、Web面接は顕著なトレンドとなった。ただしWeb面接には課題もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...