2020年05月14日 05時00分 公開
特集/連載

在宅勤務最大の課題は“孤立感”? 配慮すべきインフラと社員のメンタル緊急事態のテレワーク基礎ガイド【後編】

突然の在宅勤務を始める従業員がつまずきやすいポイントは「自宅のインターネット回線」そして「孤独で不安な状況で働くこと」だ。これらの課題に配慮するための方法とは。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をこれ以上拡散させないために、企業の間で在宅勤務などのテレワークを実施する動きが加速する中、テレワークの長所と短所についても認知が広まっている。セキュリティを保ちながら、利便性も損ねないテレワークを実現するには何が必要だろうか。

 前編「『Zoom』だけじゃない、新型コロナ対策の在宅勤務に役立つITツールとは?」、中編「新型コロナウイルス感染対策の在宅勤務で『UEM』『EMM』の重要性が高まる理由」に続き、本稿はテレワークのインフラ、従業員エクスペリエンスについて解説する。

従業員のテレワークインフラを整備

 職場では専用ネットワーク回線を提供する事業者が、SLA(サービスレベル契約)でアップタイム(稼働時間)を保証していることが一般的だ。従業員が自宅のインターネット回線を使って作業する場合、会社はその接続性を管理できない。

 調査会社Forrester Researchのアナリストであるアンドリュー・ヒューイット氏によると、コンシューマー向けのWebサービスを使用する従業員がWeb会議サービスやコラボレーションツールを利用するには、最低でも50Mbpsのネットワーク接続が必要だという。通信費用が発生する場合は、会社の経費としての精算を検討する必要がある。

 VPNで保護された接続の使用を従業員に義務付けたとしても、従業員が自宅で契約している回線を使用することになり、適切な回線でなければ接続できない可能性がある。従業員のインターネット使用データ量に上限がある場合も接続の問題が発生する。

 会社側のネットワークゲートウェイも接続の弱点にならないように、IT部門は確認する必要がある。

従業員の“孤立感”に目を向けるべし

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...