2019年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

「SAP S/4HANA」移行のメリットと検討すべきポイント【前編】SAPが語る「SAP ECC」と「SAP S/4HANA」の違いとは?

これまでの「SAP ERP Central Component」(ECC)と「SAP S/4HANA」は、何が違うのか。SAPやコンサルティング会社の話を基に、あらためて確認する。

[Christine Parizo,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP | SAP HANA


画像

 SAPの統合業務(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」は、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境に導入できる。それぞれの導入モデルにはメリットとデメリットがある。どのモデルを利用するかを検討中の企業もあるが、S/4HANAへの移行期限であり、「SAP ERP Central Component」(ECC)のサポートが終了する2025年はもう間近だ。買収や合併を終えた企業やデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる企業は既に動き始めている。

 現在移行を検討中の企業にとっては、技術やシステム面での要件も確かに重要だ。ECCからS/4HANAへの移行に伴うもう一つの重要な要件は、強力なビジネスモデルを構築することだと専門家は指摘する。

 買収・合併やDXは、S/4HANAへ移行する大きな理由となる。特にDXを進めている企業は、S/4HANAを単一の戦略ではなく、「SAP Concur」「SAP Ariba」「SAP SuccessFactors」のような他のSAP製品/サービスが関連する戦略の一部だと捉えている。こう指摘するのは、ITコンサルティング会社のUpperEdgeで顧客担当顧問プラクティスリーダーを務めるレン・ライリー氏だ。

 「合併や買収に起因しない多くのケースでは、ECCからS/4HANAに移行するビジネスケースを構築するのは難しい」とライリー氏は言う。2025年にサポートが終了することだけでは、他部門や経営陣は、S/4HANAに移行する理由としては不十分だと見なすことがある。

 このような場合、最初に自社の人事部門、サプライチェーン部門、財務部門などの各部門とSAP製品との関係性を考えるようライリー氏は助言をする。「事業部門の関与が重要になる」と同氏は付け加える。

S/4HANAが持つECCにはないメリットとは

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...