SAPが語る「SAP ECC」と「SAP S/4HANA」の違いとは?「SAP S/4HANA」移行のメリットと検討すべきポイント【前編】

これまでの「SAP ERP Central Component」(ECC)と「SAP S/4HANA」は、何が違うのか。SAPやコンサルティング会社の話を基に、あらためて確認する。

2019年09月25日 05時00分 公開
[Christine ParizoTechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP | SAP HANA


画像

 SAPの統合業務(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」は、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境に導入できる。それぞれの導入モデルにはメリットとデメリットがある。どのモデルを利用するかを検討中の企業もあるが、S/4HANAへの移行期限であり、「SAP ERP Central Component」(ECC)のサポートが終了する2025年はもう間近だ。買収や合併を終えた企業やデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる企業は既に動き始めている。

 現在移行を検討中の企業にとっては、技術やシステム面での要件も確かに重要だ。ECCからS/4HANAへの移行に伴うもう一つの重要な要件は、強力なビジネスモデルを構築することだと専門家は指摘する。

 買収・合併やDXは、S/4HANAへ移行する大きな理由となる。特にDXを進めている企業は、S/4HANAを単一の戦略ではなく、「SAP Concur」「SAP Ariba」「SAP SuccessFactors」のような他のSAP製品/サービスが関連する戦略の一部だと捉えている。こう指摘するのは、ITコンサルティング会社のUpperEdgeで顧客担当顧問プラクティスリーダーを務めるレン・ライリー氏だ。

 「合併や買収に起因しない多くのケースでは、ECCからS/4HANAに移行するビジネスケースを構築するのは難しい」とライリー氏は言う。2025年にサポートが終了することだけでは、他部門や経営陣は、S/4HANAに移行する理由としては不十分だと見なすことがある。

 このような場合、最初に自社の人事部門、サプライチェーン部門、財務部門などの各部門とSAP製品との関係性を考えるようライリー氏は助言をする。「事業部門の関与が重要になる」と同氏は付け加える。

S/4HANAが持つECCにはないメリットとは

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...